SAS for Real-Time Reporting and Analytics でCData ODBC Driver for Business b-ridge を使用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Business b-ridge ODBC Driver

Business b-ridgeODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからBusiness b-ridge にデータ連携。

Business b-ridge データにデータベースと同感覚でアクセスして、多様なデータに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



CData ODBC Driver for Business b-ridge を使用してSAS からリアルタイムBusiness b-ridge に接続します。

SAS は、高度なアナリティクス、多変量解析、BI、データ管理、予測分析のためのソフトウェアです。SAS とCData ODBC Driver for Business b-ridge を合わせて使うことで、SAS からライブBusiness b-ridge データへデータベースライクにアクセスできるようになり、レポーティング、分析能力を向上できます。本記事では、SAS でBusiness b-ridge のライブラリを作成し、リアルタイムBusiness b-ridge に基づいたシンプルなレポートを作成します。

CData ODBC ドライバーは、ドライバーに組み込まれた最適化されたデータ処理により、SAS でライブBusiness b-ridge データを送受信する場合に圧倒的なパフォーマンスを提供します。SAS からBusiness b-ridge に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作をBusiness b-ridge に直接プッシュし、組み込みSQL エンジンを利用して、サポートされていない操作(一般的にはSQL 関数とJOIN 操作)をクライアント側で処理します。組み込みの動的メタデータクエリを使用すると、SAS でBusiness b-ridge を簡単にビジュアライズおよび分析できます。

ODBC Data Source としてBusiness b-ridge に接続

以下は、Business b-ridge に接続するための情報と、Windows およびLinux 環境でDSN を構成するための様々なステップです。ODBC Driver for Business b-ridge は、SAS System をホストしているマシンにインストールする必要があります。

When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

  • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
  • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

Authenticate to Business b-ridge Account

Set the following connection properties to connect:

  • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
  • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
  • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".

DSN を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって返される行数を制限するため、ビジュアライゼーション・レポートのデザイン時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

Windows

未指定の場合は、初めにODBC DSN(data source name)で接続プロパティを指定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および構成できます。

Linux

Linux 環境にCData ODBC Driver for Business b-ridge をインストールする場合、ドライバーのインストールによりシステムDSN が事前定義されます。システムデータソースファイル(/etc/odbc.ini) を編集し、必要な接続プロパティを定義することで、DSN を変更できます。

/etc/odbc.ini

[CData BusinessBridge Sys] Driver = CData ODBC Driver for Business b-ridge Description = My Description

これらの構成ファイルの使用に関する具体的な情報については、ヘルプドキュメントを参照してください。

SAS でBusiness b-ridge ライブラリを作成

CData ODBC Driver for Business b-ridge に基づくライブラリを追加することで、SAS でBusiness b-ridge に接続します。

  1. SAS を開き、[Explorer]ペインで[Libraries]を展開します。
  2. [Active Libraries]ウィンドウで右クリックし、[New]を選択します。
  3. ライブラリに名前を付け(odbclib)、Engine としてODBC を選択し、ライブラリをセッション間で保持する場合は[Enable at startup]をクリックします。
  4. Data Source を以前構成したDSN に設定し、[OK]をクリックします。

Business b-ridge クエリからビューを作成

SAS は、ローコードのポイントアンドクリッククエリツールを使用するか、PROC SQL とカスタムSQL クエリのプログラムを使うことで、データのクエリをネイティブにサポートします。SAS でビューを作成すると、ビューがクエリされるたびに定義クエリが実行されます。これは、レポート、チャート、分析について常にライブBusiness b-ridge データにクエリを実行することを意味します。

クエリツールの使用

  1. SAS で[Tools]->[Query]と進みます。
  2. データをプルするテーブルソースとテーブルを選択し、[OK]をクリックします。
  3. カラムを選択し、右クリックしてフィルタリング、順序付け、グループ化などを追加します。
  4. [SQL Query Tool]ウィンドウを右クリックして[Show Query]を選択し、[Create View]をクリックして、クエリの結果を含むローカルビューを作成します。ビューに名前を付け、[OK] をクリックします。

PROC SQL の使用

  1. SAS で、[Editor]ウィンドウに移動します。
  2. PROC SQL を使用してデータをクエリし、ローカルビューを作成します。
    Note:このステップにより、[Work]ライブラリにビューが作成されます。オプションとして、create view ステートメントでライブラリを指定できます。
    proc sql;
      create view cdata_view as
      select 
        itemid, 
        structureid 
      from 
        odbclib.cdata 
      where 
        ItemTypeId = '1';
    quit;
    
  3. [Run]->[Submit]とクリックしてクエリを実行し、ローカルビューを作成します。

SAS のBusiness b-ridge データに関するレポートまたはビジュアライズ

ローカルビューを作成すると、パワフルなSAS 機能を使用してBusiness b-ridge データをレポート、ビジュアライズ、またはその他の方法で分析できます。PROC PRINT を使用して簡単なレポートを印刷し、PROC GCHART を使用してデータに基づいた基本的なグラフを作成しましょう。

HTML を印刷

  1. SAS で、[Editor]ウィンドウに移動します。
  2. PROC PRINT を使用してBusiness b-ridge CDATA データのHTML レポートを印刷します。
    proc print data=cdata;
      title "Business b-ridge CDATA Data";
    run;
    

チャートを印刷

  1. SAS で、[Editor]ウィンドウに移動します。
  2. PROC GCHART を使用してCDATA データのチャートを作成します。
    proc gchart data=cdata;
      pie itemid / sumvar=structureid
          value=arrow
          percent=arrow
          noheading
          percent=inside plabel=(height=12pt)
          slice=inside value=none
          name='CDATAChart';
    run;