Informatica PowerCenter でCosmos DB データを抽出、変換、ロードする

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Cosmos DB ODBC Driver

使いやすいUnix 用Cosmos DB ODBC Driver。Unicode 対応32ビットおよび64ビットODBC。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Informatica PowerCenter でCosmos DB データのシンプルなWorkflow を作成。



Informatica は、データ転送用の強力で洗練された手段を提供します。CData ODBC Driver for Cosmos DB を利用することで、Informatica の強力なデータ転送と操作機能でシームレスに統合された、業界が認めた標準ドライバーにアクセスできるようになります。このチュートリアルでは、Informatica PowerCenter でシンプルなWorkflow を作成してCosmos DB データを抽出し、フラットファイルにロードする方法について説明します。

ODBC データソースとしてCosmos DB を追加する

未インストールの場合、PowerCenter サーバーとクライアントマシーンにドライバーをインストールします。どちらにおいても、データソースのODBC DSN で接続プロパティを指定します。これはドライバーインストール時の最後の手順にあたります。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

SQL API を使ってCosmos DB アカウントに接続するために必要な接続文字列を取得するには、Azure Portal にログインして「Azure Cosmos DB」を選択し、自分のアカウントを選択します。「Settings」セクションで、「Connection String」をクリックして次の値を設定します。

  • AccountEndpoint: 値は、Cosmos DB アカウントの「Keys」ブレードからのCosmos DB アカウントURL である必要があります。
  • AccountKey: Azure ポータルで、Cosmos DB サービスに移動してAzure Cosmos DB アカウントを選択します。リソースメニューから、 「Keys」ページに移動します。「PRIMARY KEY」値を見つけ、Token をこの値に設定します。

PowerCenter でETL ワークフローを作成する

次のステップに従ってPowerCenter でワークフローを作成し、Cosmos DB データをプルしてフラットファイルにプッシュします。

ODBC ドライバーを使用してソースを作成する

  1. %INFA_HOME%\clients\PowerCenterClient\client\bin にあるpowrmart.ini ファイルで、次の行をODBCDLL セクションに追加します。
    CData=PMODBC.DLL
  2. PowerCenter Workflow Manager で新しいODBC リレーショナル接続を追加し、ユーザー名とパスワードのプロパティをODBC Driver がインストールされているマシンのユーザーに設定して、接続文字列をドライバーのSystem DSN(CData CosmosDB Sys)に設定します。
  3. PowerCenter Designer でリポジトリに接続し、フォルダを開きます。
  4. 「Source Analyzer」を選択してソースメニューをクリックし、「Import from Database」を選択します。
  5. ODBC データソースのドロップダウンメニューで、以前構成したDSN(CData CosmosDB Sys)を選択します。
  6. 「connect」をクリックし、含めるテーブルとビューを選択します。
  7. 「OK」をクリックします。

ソースを使用してフラットファイルターゲットを作成する

  1. 「Targets Analyzer」を選択し、以前に作成したソースをワークスペースにドラッグアンドドロップします。既存のソースを使用することで、カラムがターゲットにコピーされます。
  2. 新しいターゲットを右クリックし、「edit」をクリックしてデータベースタイプをフラットファイルに変更します。

Cosmos DB データとフラットファイル間のマッピングを作成する

  1. 「Mapping Designer」をクリックします。
  2. ソースとターゲットをワークスペースにドラッグします。(プロンプトが表示されたら、新しいマッピングに名前を付けます。)
  3. ワークスペースで右クリックし、「Autolink by Name」を選択します。
  4. カラムをソース修飾子からターゲット定義にドラッグします。
  5. フォルダをセーブ(Ctrl + S)します。

マッピングを使用してワークフローを作成する

ソース、ターゲット、マッピングを作成して保存したら、ワークフローを作成することができるようになります。

  1. マッピングを右クリックして「generate workflow」を選択し、「Workflow Generation」ウィザードを開きます。
  2. 再利用不可のセッションでワークフローを作成します。
  3. (以前作成した関連する接続への)接続オブジェクトが適切に構成されていることを確認してプレフィックスを設定します。
  4. 必要に応じて接続を設定します。
  5. ワークフローを確認して「Finish」をクリックします。

ワークフローを作成したら、PowerCenter Workflow Manager を開いてワークフローにアクセスして開始し、Cosmos DB データをフラットファイルに素早く転送できます。ODBC Driver for Cosmos DB を使用して、ソースとターゲットをPowerCenter から設定することで、Informatica PowerCenter でCosmos DB データをお好みのエレガントで強力な機能に統合することができます。