PowerBuilder からDynamics 365 Business Central データに接続してみた

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Dynamics 365 Business Central ADO.NET Provider

Items、Sales Orders、Purchase Orders などのDynamics 365 Business Central データを組み込んだパワフルな.NET アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



この記事ではCData ADO.NET Provider for Dynamics 365 Business Central を使ってPowerBuilder からDynamics 365 Business Central にアクセスする方法を説明します。

CData ADO.NET providers は、PowerBuilder を含むMicrosoft .NET をサポートするあらゆるプラットフォームまたは開発テクノロジーから使用できる、使いやすい標準準拠のデータプロバイダーです。 この記事では、CData ADO.NET Provider for Dynamics 365 Business Central をPowerBuilder で使う方法について説明します。

CData ADO.NET Provider for Dynamics 365 Business Central を使ってデータを取得し読み書きを実行する基本的なPowerBuilder アプリケーションを作成する方法について説明します。

  1. 新規WPF Window Application ソリューションで、接続プロパティに必要なすべてのビジュアルコントロールを追加します。一般的な接続文字列は次のとおりです:

    OrganizationUrl=https://myaccount.financials.dynamics.com/;

    Dynamics 365 Business Central への認証には、User およびAccessKey プロパティが必要です。

    データに接続するには、OrganizationUrl を指定します。OrganizationUrl は、 http://businesscentral.dynamics.com/abc123/ などのBusiness Central アカウントへのエンドポインであるか、Web サービスのルートを参照する必要があります。OrganizationUrl を指定する方法 および利用可能なエンドポイントについての詳細は、Business Central エンドポイント を参照してください。 組織内に複数の会社がある場合は、どの会社に接続するかを特定するためにCompany を指定する必要があります。 会社が1つだけの場合は、Company を指定する必要はありません。

    Dynamics 365 Business Central に認証するには、User およびAccessKey 接続プロパティを指定します。Microsoft では、これらをテストおよび開発目的で推奨します。ただし、運用環境での使用は推奨していません。 User およびAccessKey の値を取得するには、Dynamics 365 Business Central の「ユーザー」ページに移動して「編集」をクリックします。User Name および Web Service Access Key の値は、User およびPassword 接続文字列プロパティとして入力する値です。User Name はE メールアドレス ではありません。短縮されたユーザー名です。

    Microsoft では、OAuth 認証を使用する本番ユースケースを推奨します。詳細については、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

  2. .NET コントロールからDataGrid コントロールを追加します。
  3. DataGrid コントロールのカラムを設定します。Account テーブルからいくつかのカラムを以下に示します: <DataGrid AutoGenerateColumns="False" Margin="13,249,12,14" Name="datagrid1" TabIndex="70" ItemsSource="{Binding}"> <DataGrid.Columns> <DataGridTextColumn x:Name="idColumn" Binding="{Binding Path=Id}" Header="Id" Width="SizeToHeader" /> <DataGridTextColumn x:Name="nameColumn" Binding="{Binding Path=accountid}" Header="accountid" Width="SizeToHeader" /> ... </DataGrid.Columns> </DataGrid>
  4. CData ADO.NET Provider for Dynamics 365 Business Central アセンブリへの参照を追加します。

DataGrid 接続

ビジュアルエレメントが設定されたら、Connection、Command、およびDataAdapter のような標準のADO.NET オブジェクトを使ってSQL クエリの結果をDataTable に表示することができます:

System.Data.CData.D365BusinessCentral.D365BusinessCentralConnection conn conn = create System.Data.CData.D365BusinessCentral.D365BusinessCentralConnection(connectionString) System.Data.CData.D365BusinessCentral.D365BusinessCentralCommand comm comm = create System.Data.CData.D365BusinessCentral.D365BusinessCentralCommand(command, conn) System.Data.DataTable table table = create System.Data.DataTable System.Data.CData.D365BusinessCentral.D365BusinessCentralDataAdapter dataAdapter dataAdapter = create System.Data.CData.D365BusinessCentral.D365BusinessCentralDataAdapter(comm) dataAdapter.Fill(table) datagrid1.ItemsSource=table.DefaultView

上のコードは、指定したクエリからDataGrid にデータをバインドできます。