PowerShell Cmdlets でDigitalOcean データをCSV にエクスポート

詳細情報をご希望ですか?

製品の詳細情報:

DigitalOcean 連携ソリューション


標準PowerShell cmdlets を使ってDigitalOcean テーブルにアクセスして、CSV にエクスポート。

CData Cmdlets Module for DigitalOcean は、直感的なDigitalOcean データ連携を提供する標準cmdlet です。 本記事では、DigitalOcean Cmdlets を使ったサンプルを提供します。

DigitalOcean への接続を設定

DigitalOcean はOAuth 2.0 認証を使用します。OAuth を使用して認証するには、埋め込みクレデンシャルを使用するか、DigitalOcean にアプリを登録できます。

詳しくは、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

$conn = Connect-DigitalOcean 

DigitalOcean データを取得してCSV にパイプライン

次の手順で、Droplets テーブルデータを取得して、結果をCSV ファイルにエクスポートします:

Select-DigitalOcean -Connection $conn -Table Droplets | Select -Property * -ExcludeProperty Connection,Table,Columns | Export-Csv -Path c:\myDropletsData.csv -NoTypeInformation

このように、Select-DigitalOcean から取得した結果を、Select-Object cmdlet に流し、Export-Csv cmdlet に渡す前にいくつかのプロパティを除外しています。これは、CData Cmdlets が接続情報、テーブル、およびカラム情報が結果セットのそれぞれの"行"に挿入されるためです。それらの情報を表示したくない場合に、Export-Csv cmdlet に渡す前に除外を先に行い、それからCSV ファイルにエクスポートします。。

CData Cmdlets から、次のCmdlets にデータをパイプラインするところでは、接続、テーブル、カラムの情報が必要です。

データの削除

以下のように、指定に合致するレコードを削除することができます:

Select-DigitalOcean -Connection $conn -Table Droplets -Where "Id = 1" | Remove-DigitalOcean

データの挿入と更新

CData Cmdlets は、データの加工やクレンジングを行うことができます。以下の手順では、CSV ファイルのデータを、挿入対象のオブジェクトに同じレコードが存在するかを確認した上で、存在する場合にはデータの更新、存在しない場合にはデータの挿入を行います。

Import-Csv -Path C:\MyDropletsUpdates.csv | %{
  $record = Select-DigitalOcean -Connection $DigitalOcean -Table Droplets -Where ("Id = `'"+$_.Id+"`'")
  if($record){
    Update-DigitalOcean -Connection $digitalocean -Table Droplets -Columns ("Id","Name") -Values ($_.Id, $_.Name) -Where ("Id = `'"+$_.Id+"`'")
  }else{
    Add-DigitalOcean -Connection $digitalocean -Table Droplets -Columns ("Id","Name") -Values ($_.Id, $_.Name)
  }
}

このように、CData Cmdlets でデータ連携をシンプルに構成できます。Cmdlets では、モジュールのインストール、接続プロパティの設定だけで、データ連携の構築を始めることができます。是非、CData PowerShell Cmdlets の無償試用版をダウンロードして、シンプルかつパワフルなデータ連携を体感してください。