PowerShell Cmdlets でDigitalOcean データをCSV にエクスポート

標準PowerShell cmdlets を使ってDigitalOcean テーブルにアクセスして、CSV にエクスポート。

CData Cmdlets Module for DigitalOcean は、直感的なDigitalOcean データ連携を提供する標準cmdlet です。 本記事では、DigitalOcean Cmdlets を使ったサンプルを提供します。

DigitalOcean への接続を設定

DigitalOcean はOAuth 2.0 認証を使用します。OAuth を使用して認証するには、埋め込みクレデンシャルを使用するか、DigitalOcean にアプリを登録できます。

詳しくは、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

$conn = Connect-DigitalOcean 

DigitalOcean データを取得してCSV にパイプライン

次の手順で、Droplets テーブルデータを取得して、結果をCSV ファイルにエクスポートします:

Select-DigitalOcean -Connection $conn -Table Droplets | Select -Property * -ExcludeProperty Connection,Table,Columns | Export-Csv -Path c:\myDropletsData.csv -NoTypeInformation

このように、Select-DigitalOcean から取得した結果を、Select-Object cmdlet に流し、Export-Csv cmdlet に渡す前にいくつかのプロパティを除外しています。これは、CData Cmdlets が接続情報、テーブル、およびカラム情報が結果セットのそれぞれの"行"に挿入されるためです。それらの情報を表示したくない場合に、Export-Csv cmdlet に渡す前に除外を先に行い、それからCSV ファイルにエクスポートします。。

CData Cmdlets から、次のCmdlets にデータをパイプラインするところでは、接続、テーブル、カラムの情報が必要です。

データの削除

以下のように、指定に合致するレコードを削除することができます:

Select-DigitalOcean -Connection $conn -Table Droplets -Where "Id = 1" | Remove-DigitalOcean

データの挿入と更新

CData Cmdlets は、データの加工やクレンジングを行うことができます。以下の手順では、CSV ファイルのデータを、挿入対象のオブジェクトに同じレコードが存在するかを確認した上で、存在する場合にはデータの更新、存在しない場合にはデータの挿入を行います。

Import-Csv -Path C:\MyDropletsUpdates.csv | %{
  $record = Select-DigitalOcean -Connection $DigitalOcean -Table Droplets -Where ("Id = `'"+$_.Id+"`'")
  if($record){
    Update-DigitalOcean -Connection $digitalocean -Table Droplets -Columns ("Id","Name") -Values ($_.Id, $_.Name) -Where ("Id = `'"+$_.Id+"`'")
  }else{
    Add-DigitalOcean -Connection $digitalocean -Table Droplets -Columns ("Id","Name") -Values ($_.Id, $_.Name)
  }
}

このように、CData Cmdlets でデータ連携をシンプルに構成できます。Cmdlets では、モジュールのインストール、接続プロパティの設定だけで、データ連携の構築を始めることができます。是非、CData PowerShell Cmdlets の無償試用版をダウンロードして、シンプルかつパワフルなデータ連携を体感してください。

 
 
ダウンロード