Ready to get started?

Learn more about the CData ODBC Driver for Dynamics CRM or download a free trial:

Download Now

Dynamics CRM Data をR で分析

データビジュアライゼーション、ハイパフォーマンスな統計関数を使ってDynamics CRM data をMicrosoft R Open で分析。



Pure R スクリプトおよび 標準SQL を使ってDynamics CRM data にアクセス。CData ODBC Driver for Dynamics CRM とRODBC package を使って、R でリモートDynamics CRM data を利用できます。CData Driver を使うことで、オープンソースでポピュラーなR 言語のデータにアクセスできます。この記事では、ドライバーを使ってDynamics CRM data にSQL クエリを実行する方法、およびR でDynamics CRM data をビジュアライズする方法について説明します。

R をインストール

マルチスレッドのMicrosoft R Open を実行すること、またはBLAS/LAPACK ライブラリにリンクされたオープンR を実行することによって、マルチスレッドおよびマネージドコードからドライバーのパフォーマンスにマッチできます。ここでは、Microsoft R Open 3.2.3 を使用します。CRAN レポジトリのJan. 1, 2016 snapshot からパッケージをインストールするために事前設定されています。このsnapshot は再現性を保証します。

Dynamics CRM ODBC Data Source としてDynamics CRM に接続

接続プロパティの指定がまだの場合は、まずODBC DSN (データソース名)で接続設定を行います。これはドライバーのインストール時に自動的に立ち上がります。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

The connection string options meet the authentication and connection requirements of different Dynamics CRM instances. To connect to your instance, set the User and Password properties, under the Authentication section, to valid Dynamics CRM user credentials and set the Url to a valid Dynamics CRM server organization root. Additionally, set the CRMVersion property to 'CRM2011+' or 'CRMOnline'. IFD configurations are supported as well; set InternetFacingDeployment to true.

Additionally, you can provide the security token service (STS) or AD FS endpoint in the STSURL property. This value can be retrieved with the GetSTSUrl stored procedure. Office 365 users can connect to the default STS URL by simply setting CRMVersion.

RODBC パッケージをロード

ドライバーを使うにはRODBC パッケージをダウンロードします。RStudio で[Tools]>[Install Packages]をクリックし、RODBC を[Packages]ボックスに入力します。

RODBC パッケージをインストールしたら、次のコードを入力してパッケージをロードします。

library(RODBC)

ODBC データソースとしてDynamics CRM Data に接続

次のコードを使ってR のDSN に接続できます:

conn <- odbcConnect("CData Dynamics CRM Source")

スキーマ ディスカバリー

ドライバーはDynamics CRM API をリレーショナルデータベース、ビュー、ストアドプロシージャとしてモデル化します。次のコードを使ってテーブルリストを検出します。

sqlTables(conn)

SQL クエリの実行

sqlQuery 関数を使ってDynamics CRM API がサポートするすべてのSQL クエリを実行します。

account <- sqlQuery(conn, "SELECT Contact.FirstName, SUM(Account.NumberOfEmployees) FROM Contact, Account GROUP BY Contact.FirstName", believeNRows=FALSE, rows_at_time=1)

次のコマンドを使って、結果を[data viewer]ウィンドウで見ることができます。

View(account)

Dynamics CRM Data をプロット

これで、CRAN レポジトリで利用可能なあらゆるデータビジュアライゼーションパッケージを使ってDynamics CRM data を分析できます。ビルトインのbar plot 関数を使って簡単なバーを作成できます:

par(las=2,ps=10,mar=c(5,15,4,2)) barplot(account$NumberOfEmployees, main="Dynamics CRM Account", names.arg = account$FirstName, horiz=TRUE)
 
 
ダウンロード