製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Email ODBC Driver

Email ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなインターネット電子メールに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインターフェースを使用して、データベースのようにE メールデータにアクセスし、E メールの読み出し、書き込み、および送信を実行できます。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Tableau Server へのEmail ダッシュボードの公開・パブリッシュ


CData ODBC driver for Email を使って、Tableau ダッシュボードにEmail をデータ連携。


エンタープライズBI にEmail 連携機能を追加しましょう。CData ODBC Driver for Email を使って、Tableau Server にEmail データをリアルタイム連携して、ダッシュボードを公開。企業の他のメンバーに連携レポート・ダッシュボードを共有しましょう。

この記事では、クライアントおよびサーバーでのでのDSN の設定、Email のデータソースのTableau Server へのパブリッシュ、ワークブック全体のTableau Server へのパブリッシュまでの手順を説明します。データソースをパブリッシュすると、Tableau Server で更新可能なワークブックを新しく作成することができるようになります。

Email にODBC DSNとして接続を確立

Tableau Desktop でワークブックやデータソースを作成して、Tableau Server にワークブックやデータソースをパブリッシュするには、デスクトップとサーバーのそれぞれのマシンでDSN 設定を行う必要があります。両方のマシンで厳密に同じ名前のDSN を作成して接続する必要があります。以下がEmail に接続するための情報です。Windows とLinux ODBC では設定に異なる点がありますので、ドキュメントを参照してください。

Authentication セクションのUser プロパティとPassword プロパティに、有効な認証情報を設定する必要があります。 E メールを取得するには、Server を指定する必要があります。E メールを送信するにはSMTPServer を指定する必要があります。

DSN を設定する際には、Max Rows プロパティを設定することをお勧めします。これにより取得される行数が制限され、パフォーマンスを向上させます。

Windows

CData ODBC Driver for Email on Windows の場合は、DSN 設定はドライバーをインストールした後に行います。ドライバーをインストール語にDSN 設定画面が開きます。マイクロソフトのODBC データソースアドミニストレータから設定を行うことも可能です。

Linux

CData ODBC Driver for Email をLinux で利用する場合には、ドライバーのインストールでSystem DSN が事前定義されます。システムデータソースファイル(/etc/odbc.ini)を編集して、接続プロパティを入力することでDSN 設定を変更することができます。

/etc/odbc.ini

[CData Email Source] Driver = CData ODBC Driver for Email Description = My Description User = username@gmail.com Password = password Server = imap.gmail.com Port = 993 SMTP Server = smtp.gmail.com SMTP Port = 465 SSL Mode = EXPLICIT Protocol = IMAP Mailbox = Inbox

コンフィグレーションファイルの詳細設定については、製品ヘルプを参照してください。

Email データソースをTableau に公開

Email への接続を確立したら、Tableau でEmail データソースをパブリッシュして、組織内のユーザーがEmail データに連携するワークブックを作成して利用できるようにします。

Tableau 上でEmail データソースを作成してパブリッシュする

  1. データソース画面で、その他のデータベース(ODBC) を選択します。システムDSN であるCData Email Sys を選択します。

    ドライバーのインストール時にシステムDSN とユーザーDSN を自動的に作成してくれます。Tableau Server では、システムDSN を使用します。

  2. [データベース]メニューでCData を選択します。
  3. [表]ボックスにテーブル名を入力、または[🔎]マーククリックして、テーブル一覧を表示させます。[新しいカスタムSQL]をクリックしてSQL クエリを入力することもできます。
  4. [データソース]ページで、テーブルをJOIN エリアにドラッグします。
  5. [サーバー]メニューで[ワークブックのパブリッシュ]-> (使用するデータソース)をクリックします。
  6. サーバーのURL を入力します。通常はTableau Server のuser name とpassword で認証します。次のような認証シナリオも可能です:
    • Tableau がKerberos を使用し、コンピューターに有効なActive Directory で接続している場合、Tableau がサーバーに接続します。
    • Tableau がSAML を使用する場合、外部プロバイダーのログインプロンプトが表示されます。
    • Tableau は、Active Directory の使用で設定されている場合、Windows username およびpassword を入力します。
  7. 次に、ダイアログにProject、Data Source や他のプロパティを入力します。スケジュール更新を設定する場合、Embedded Passsword を認証メニューで選択します。パブリッシュをクリックします。

これで、組織のユーザーがパブリッシュされたEmail データソースのワークブックを作成して共有することができるようになりました。

ワークブックのデータ更新(リフレッシュ)

クライアントマシンであるTableau Desktop とサーバーマシンであるTableau Server システムDSN を設定すると、接続しているEmail データソースをリフレッシュすることができます。Tableau Server のインターフェースで[データ]->[使用中のデータソース]->更新(Refresh)をクリックします。

Tableau Server でEmail データに連携する完成したワークブックをパブリッシュする

特定の完成したワークブックを組織内で共有する場合、Tableau Desktop でワークブックを作成し、直接Tableau Server にパブリッシュすることができます。

  1. 上記の1-5 の手順で、Email に接続し、データを取得します。
  2. [サーバー]-> [サインイン]をクリックして、サーバーの接続を設定します。通常はTableau Server のuser name とpassword で認証します。次のような認証シナリオも可能です:
    • Tableau がKerberos を使用し、コンピューターに有効なActive Directory で接続している場合、Tableau がサーバーに接続します。
    • Tableau がSAML を使用する場合、外部プロバイダーのログインプロンプトが表示されます。
    • Tableau は、Active Directory の使用で設定されている場合、Windows username およびpassword を入力します。
  3. 選択されたデータに対しビジュアライズするディメンションおよびメジャー選択し、チャートやブラフでビジュアライズを行います。
  4. ワークブックが完成したら、[サーバー]-> [ワークブックのパブリッシュ]でTableau Server ににパブリッシュします。
  5. 次に、ダイアログにProject、Data Source や他のプロパティを入力します。スケジュール更新を設定する場合、Embedded Passsword を認証メニューで選択します。パブリッシュをクリックします。

これで組織内のユーザーTableau Server のパブリッシュされたワークブックを参照することができるようになります。