CData BizTalk Adapter for EnterpriseDB に一方向送信ポートを構成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

EnterpriseDB BizTalk Adapter

BizTalk Adapters は、BizTalk Server の標準オーケストレーション内で簡単にEnterpriseDB データにライブ接続できる強力なツールです。

EnterpriseDB Adapters を使ってEnterpriseDB データストアを同期できます。データ同期、ローカルバックアップ、ワークフローの自動化などに最適!



Adapter for EnterpriseDB を一方向送信ポートと兼用することにより、BizTalk でアップデートグラムとデータ操作SQL を実行できます。

ここでは、CData BizTalk Adapter for EnterpriseDB を使用して静的な一方向送信ポートを作成、構成、テストする手順を説明します。静的な一方向送信ポートを使用することで、アップデートグラム、SQL コマンド、ストアドプロシージャを実行できます。送信ポートは、 返答データを持たない EnterpriseDB データ変更の操作に役立ちます。通常、これはDELETE またはUPDATE のSQL コマンドか、アップデートグラムですが、場合によっては、ストアドプロシージャになります。

SELECT コマンドの実行や、作成したレコードId の取得のような、応答するアクションをトリガーする場合は、要請応答送信ポートを使用します。

一方向送信ポートを作成し実行する

静的な一方向送信ポートを作成し、EnterpriseDB アダプタをトランスポートタイプとして使用するように構成します。

  1. 未実行の場合、BizTalk 管理コンソールでBizTalk アプリケーションを開きます。
  2. BizTalk アプリのノードで、[Send Ports]を右クリックし、[New]->[Static One-Way Send Port]を選択します。送信ポートプロパティのダイアログが表示されます。
  3. [Name]メニューで、送信ポートの名前を入力します。
  4. [Type]メニューで、CData.EnterpriseDB を選択します。
  5. [Send Pipeline]メニューで、デフォルトオプションの[PassThruTransmit]を選択します。

アダプタを構成する

[Transport Properties]ダイアログで、アダプタが実行するコマンドを定義します。

  1. 送信ポートのプロパティで、[Configure]ボタンをクリックします。CData.EnterpriseDB トランスポートプロパティのダイアログが表示されます。
  2. [CommandType]プロパティで、実行したいコマンドタイプを選択します。
  3. SQL コマンドを実行したい場合は、[SQL Command]のボックスにコマンドを入力してください。
プロパティとその機能についての説明は、ヘルプドキュメントの[Adapter Configuration]を参照してください。

EnterpriseDB への接続を構成する

Connection String Options ダイアログで、EnterpriseDB への接続に必要な資格情報とその他のプロパティを設定します。

  1. 送信ポートのプロパティダイアログで[Configure]をクリックすると、アダプタのプロパティダイアログが表示されます。
  2. [Connection String]プロパティのボタンをクリックします。
  3. [Connection String]プロパティのボックスをクリックします。[Connection String Options]ダイアログが表示されます。
  4. 接続プロパティを入力します。下は一般的な接続文字列です。

    User=postgres;Password=admin;Database=postgres;Server=127.0.0.1;Port=5444

    データに接続するには、以下の接続プロパティが必要です。

    • Server: EnterpriseDB データベースをホスティングしているサーバーのホスト名またはIP アドレス。
    • Port: EnterpriseDB データベースをホスティングしているサーバーのポート。

    オプションで、以下を設定することもできます。

    • Database: EnterpriseDB サーバーに接続する場合のデフォルトのデータベース。設定されていない場合は、ユーザーのデフォルトデータベースが使用されます。

    Basic 認証による接続

    Basic 認証を使って認証するには、以下を設定します。

    • User:EnterpriseDB サーバーに認証する際に使われるユーザー。
    • Password:EnterpriseDB サーバーに認証する際に使われるパスワード。

    SSL 認証による接続

    SSL 認証を利用して、セキュアなセッションを介してEnterpriseDB データに接続できます。以下の接続プロパティを設定して、データに接続します。

    • SSLClientCert:クライアント証明書のための証明書ストア名に設定します。クライアントとサーバーの両方のマシンでトラストストアとキーストアが保持される2-way SSL の場合に使用されます。
    • SSLClientCertPassword:クライアント証明書ストアがパスワードで保護されている場合、この値をストアのパスワードに設定します。
    • SSLClientCertSubject:TLS/SSL クライアント証明書のSubject。ストア内の証明書を検索するために使用されます。
    • SSLClientCertType:クライアントストアの証明書タイプ。
    • SSLServerCert:サーバーが受け入れ可能な証明書。

  5. [Test Connection]をクリックして値を確認し、接続を確認します。
プロパティとその機能の説明については、ヘルプドキュメントの[Connection String Options]チャプターを参照してください。

接続に成功し、アダプターが実行するコマンドを定義することで、送信ポートを使用できるようになります。アプリケーションで一方向送信ポートを使用する例については、次のセクションを参照してください。アプリケーションはファイルに含まれているアップデートグラムコマンドを読み取り、送信ポートを使用してコマンドを実行します。

この例ではフィルターを利用して、アップデートグラムを含むメッセージを受信場所から送信ポートに移動します。フィルターについてのより詳しい説明は次のセクションを参照してください。

フィルターを作成し、アプリケーションを介してBizTalk メッセージをルーティングする

送信ポートを必要なメッセージに関連付けるには、その送信ポートのプロパティの[Filters]セクションでフィルタールールを作成します。条件に一致するメッセージは、送信ポートにルーティングされます。受信場所でのフィルタリングに関しては、次の例を参照してください。

例:一方向送信ポートでアップデートグラムを実行する

このセクションでは、一方向送信ポートをアプリケーションで使用する方法について説明します。アプリケーションはファイルに含まれているアップデートグラムコマンドを読み取り、コマンドを実行します。

  1. 一方向受信場所はアップデートグラムを含むXML ドキュメントをピックアップします。
  2. 受信場所は、コマンドの結果を含むBizTalk メッセージを作成します。
  3. 一方向送信ポートは、受信場所のURI をフィルタリングします。ドキュメントは一方向送信ポートにルーティングされます。
  4. 送信ポートは、アップデートグラムコマンドを実行します。

前の例と同様に次のステップでは、ファイルからアップデートグラムを読み取るための受信場所を設定し、送信ポートを使用してコマンドを実行する方法を説明します。

  1. 静的な一方向の受信場所を作成、構成します。転送タイプのファイルを使用します。「CData BizTalk Adapter for EnterpriseDB の受信場所を作成、構成する」と同じ手順に従います。
  2. 静的な一方向送信ポートを作成します。
  3. 送信ポートのプロパティで、[Filters]をクリックします。
  4. 空のプロパティで、次の値を設定します。
    プロパティ
    メニューから BTS.InboundTransportLocation を選択します。
    新しく作成された一方向受信場所のURI を入力します。