ソフトウェア開発ツールMZ Platform でEnterpriseDB データと連携

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

EnterpriseDB JDBC Driver

EnterpriseDB 連携のパワフルなJava アプリケーションを素早く作成して配布。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

ソフトウェア開発ツールMZ Platform でEnterpriseDB に連携する方法:CData JDBC Driver。



MZプラットフォームは中小製造業のIT 化支援を目的に、産総研が開発した無償のソフトウェア基盤です。中小製造業が自社用アプリケーションを自分たちで開発できるよう、マウス操作でコンポーネントを組み合わせることでソフトウェアを作成できます。

この記事では、MZ Platform に備わっているJDBC インターフェースと CData JDBC Driver for EnterpriseDB を組み合わせることによりMZ Platform でEnterpriseDB データを活用する方法を紹介します。

CData JDBC Driver for EnterpriseDB のインストール

最初にCData JDBC Driver for EnterpriseDB をMZ Platform と同じマシンにインストールします。

  1. 以下のパスに「cdata.jdbc.enterprisedb.jar」と「cdata.jdbc.enterprisedb.lic」というJDBC Driver とライセンスファイルがインストールされます。
    C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for EnterpriseDB 20xxJ\lib\
  2. このインストールされたJDBC Driver とライセンスファイルを「MZ Platform インストールフォルダ¥Java¥jre*_mz*.*¥lib¥ext (*はバージョン番号)」にコピーすることで、MZ Platform 上でCData JDBC Driver が利用できるようになります。
  3. 続いて、接続用の文字列を取得するために、CData JDBC Driver の接続ユーティリティを利用しましょう。対象の「cdata.jdbc.enterprisedb.jar」を実行します。
  4. 以下のような接続テストツールが立ち上がるので必要なプロパティを指定し接続テストを実行します。入力した接続文字列はあとで利用するので控えておきましょう。
    URL:jdbc:enterprisedb:User=postgres;Password=admin;Database=postgres;Server=127.0.0.1;Port=5444

コンポーネントによるEnterpriseDB へのアクセス

EnterpriseDB への接続には通常のデータベースアクセスと同様に「データベースアクセスコンポーネント」を利用します。

  1. データベースアクセスコンポーネントの「データベースに接続する」メソッドの引数に設定する値は以下のとおりです。
    ・ドライバ名:cdata.jdbc.enterprisedb.EnterpriseDBDriver
    ・データベースのURL:<事前に確認した接続文字列を指定します。>
  2. データを取得する際にはデータベースアクセスコンポーネントの「SQLを実行する」メソッドを利用してSQL を実行します。

テーブルの一覧を取得するサンプルで接続してみる

MZ Platform にはサンプルアプリケーションが豊富にありますので、これも利用してみましょう。

  1. チュートリアルのデータベースアクセス6.mzax を開いてください。
  2. 以下のような画面が表示されるのでドライバにクラス名「cdata.jdbc.enterprisedb.EnterpriseDBDriver」と「サーバ」には接続文字列を入力してください。
  3. 接続情報を入力して接続すると、以下のようにEnterpriseDB のテーブル一覧が表示されます。さらにテーブル名をダブルクリックするとそのテーブルのデータを一覧できます。

このようにCData JDBC Driver for EnterpriseDB とMZ Platform を組み合わせることで、簡単にEnterpriseDB データへ連携できます。ぜひ、30日の無償評価版をお試しください。