Export Data from SQL Server to EnterpriseDB through SSIS

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

EnterpriseDB SSIS Components

SSIS ソース & デスティネーションコンポーネントは、SQL Server SSIS のワークフロー内で簡単にEnterpriseDB 互換のデータベースエンジンに接続できる強力なツールです。

データフロー内のEnterpriseDB コンポーネントを使ってEnterpriseDB データベースを同期できます。データ同期、ローカルバックアップ、ワークフローの自動化などに最適!



Easily push SQL Server data to EnterpriseDB using the CData SSIS Tasks for EnterpriseDB.

SQL Server databases are commonly used to store enterprise records. It is often necessary to move this data to other locations. The CData SSIS Task for EnterpriseDB allows you to easily transfer EnterpriseDB data. In this article you will export data from SQL Server to EnterpriseDB.

Add Source and Destination Components

To get started, add a new ADO.NET Source control and a new EnterpriseDB Destination control to the data flow task.

Configure the ADO.NET Source

Follow the steps below to specify properties required to connect to the SQL Server instance.

  1. Open the ADO.NET Source and add a new connection. Enter your server and database information here.
  2. In the Data access mode menu, select "Table or view" and select the table or view to export into EnterpriseDB.
  3. Close the ADO NET Source wizard and connect it to the destination component.

Create a New Connection Manager for EnterpriseDB

Follow the steps below to set required connection properties in the Connection Manager.

  1. Create a new connection manager: In the Connection Manager window, right-click and then click New Connection. The Add SSIS Connection Manager dialog is displayed.
  2. Select CData EnterpriseDB Connection Manager in the menu.
  3. Configure the connection properties. A typical connection requires:
    • User
    • Password
    • Database
    • Server
    • Port

    データに接続するには、以下の接続プロパティが必要です。

    • Server: EnterpriseDB データベースをホスティングしているサーバーのホスト名またはIP アドレス。
    • Port: EnterpriseDB データベースをホスティングしているサーバーのポート。

    オプションで、以下を設定することもできます。

    • Database: EnterpriseDB サーバーに接続する場合のデフォルトのデータベース。設定されていない場合は、ユーザーのデフォルトデータベースが使用されます。

    Basic 認証による接続

    Basic 認証を使って認証するには、以下を設定します。

    • User:EnterpriseDB サーバーに認証する際に使われるユーザー。
    • Password:EnterpriseDB サーバーに認証する際に使われるパスワード。

    SSL 認証による接続

    SSL 認証を利用して、セキュアなセッションを介してEnterpriseDB データに接続できます。以下の接続プロパティを設定して、データに接続します。

    • SSLClientCert:クライアント証明書のための証明書ストア名に設定します。クライアントとサーバーの両方のマシンでトラストストアとキーストアが保持される2-way SSL の場合に使用されます。
    • SSLClientCertPassword:クライアント証明書ストアがパスワードで保護されている場合、この値をストアのパスワードに設定します。
    • SSLClientCertSubject:TLS/SSL クライアント証明書のSubject。ストア内の証明書を検索するために使用されます。
    • SSLClientCertType:クライアントストアの証明書タイプ。
    • SSLServerCert:サーバーが受け入れ可能な証明書。

Configure the EnterpriseDB Destination

In the destination component Connection Manager, define mappings from the SQL Server source table into the EnterpriseDB destination table.

  1. Double-click the EnterpriseDB destination to open the destination component editor.
  2. In the Connection Managers tab, select the connection manager previously created.
  • Specify the table into which the data will be exported: On the Component Properties tab, enter the table name in the TableName property, under the Custom Properties section. In this case, you will transfer Orders records.
  • On the Column Mappings tab, configure the mappings from the input columns to the destination columns.
  • Run the Project

    You can now run the project. After the SSIS Task has finished executing, data from your SQL table will be exported to the chosen table.