今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Exchange を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Pentaho Report Designer にMicrosoft Exchange データに連携して分析

Pentaho BI ツールでMicrosoft Exchange のレポートを作成。



CData JDBC Driver for Microsoft Exchange はダッシュボードや帳票ツールからリアルタイムMicrosoft Exchange データへの連携を可能にします。この記事では、Microsoft Exchange をJDBC データソースとして接続する方法と、Pentaho でMicrosoft Exchange を元に帳票を作成する方法を説明します。

接続と帳票の作成

  1. インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のJAR ファイルをコピーし、Pentaho のディレクトリ内の\Report-Designer\lib\jdbc\ フォルダに配置します。
  2. \Report-Designer\ フォルダのreport-designer.bat ファイルを起動し、Report-Designer UI を開きます。
  3. 以下の手順でドライバーを新しいデータソースに設定します。[Data]>[Add Data Source]>[Advanced]>[JDBC (Custom)]とクリックし、新しいMicrosoft Exchange 接続を作成します。ダイアログが表示されたら、次のように接続プロパティを設定します。

    • Custom Connection URL property:JDBC URL を入力。初めに以下を入力し jdbc:exchange: 次にセミコロン区切りで接続プロパティを入力します。

      Exchange への接続には、User およびPassword を指定します。さらに、接続するExchange サーバーのアドレスとサーバーに関連付けられたプラットフォームを指定します。

      以下は一般的なJDBC URL です:

      jdbc:exchange:User='myUser@mydomain.onmicrosoft.com';Password='myPassword';Server='https://outlook.office365.com/EWS/Exchange.asmx';Platform='Exchange_Online';
    • Custom Driver Class Name:cdata.jdbc.exchange.ExchangeDriver と入力。
    • User Name:認証するユーザーネーム。
    • Password:認証するパスワード。

レポートに Microsoft Exchange データを追加

これで、Microsoft Exchange の帳票を作成する準備が整いました。

  1. 帳票にMicrosoft Exchange データソースを追加します:[Data]>[Add Data Source]>[JDBC]をクリックし、データソースを選択します。

  2. クエリを設定します。この記事では次を使います:

    SELECT GivenName, Size FROM Contacts
  3. 帳票にチャートをドラッグし、ダブルクリックしてチャートを編集します。帳票を実行して、チャートを表示します。このクエリ結果を使って、Contacts テーブルのシンプルなチャートを作成することができます。
  4. 帳票を実行して、チャートを見てみましょう。
 
 
ダウンロード