Ready to get started?

Learn more about the CData Excel Add-In for FedEx or download a free trial:

Download Now

Excel データをFedEx に移行

この記事では、Excel Add-In for FedEx をつかって、Excel からデータを FedEx に移行する方法を説明します。

CData Excel Add-In for FedEx を使えば、Excel から直接FedEx data への編集や保存が可能になります。この記事では、Excel から FedEx にデータを移行する方法を説明します。 FedEx のデータを一度Excel にエクスポートして編集・データソースの一括更新を行えるだけではなく、Excel スプレッドシートに保存されているデータを一括でFedEx にインポートすることも可能です。 今回の記事では、Senders テーブルを使います。同じことが、CData Excel Add-In で取得できるすべてのテーブルに対して実行可能です。

接続の確立

FedEx への接続には、Excel Add-in をインストールしたExcel の[CDATA]タブ→[FedEx]アイコンをクリックします。

There are five pieces of information needed in order to authenticate its actions with the FedEx service. This information is below.

  • Server: This controls the URL where the requests should be sent. Common testing options for this are: "https://gatewaybeta.fedex.com:443/xml", "https://wsbeta.fedex.com:443/xml", "https://gatewaybeta.fedex.com:443/web-service", and "https://wsbeta.fedex.com:443/web-service"
  • DeveloperKey: This is the identifier part of the authentication key for the sender's identity. This value will be provided to you by FedEx after registration.
  • Password: This is the secret part of the authentication key for the sender's identity. This value will be provided to you by FedEx after registration.
  • AccountNumber: This valid 9-digit FedEx account number is used for logging into the FedEx server.
  • MeterNumber: This value is used for submitting requests to FedEx. This value will be provided to you by FedEx after registration.
  • PrintLabelLocation: This property is required if one intends to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.

The Cache Database

Many of the useful tasks available from FedEx require a lot of data. To ensure this data is easy to input and recall later, utilizes a cache database to make these requests. You must set the cache connection properties:

  • CacheProvider: The specific database you are using to cache with. For example, org.sqlite.JDBC.
  • CacheConnection: The connection string to be passed to the cache provider. For example, jdbc:sqlite:C:\users\username\documents\fedexcache.db

FedEx データの取得

FedEx にデータを挿入するには、まず該当するFedEx のテーブルを取得します。これによりExcel スプレッドシートとFedEx のテーブルが連携した状態になります。取得したテーブルに対し変更、もしくは追加した部分は文字が赤でハイライトされます。

  1. CData リボンからFedEx ボタンをクリックします。データ選択ウィザードが表示されます。
  2. テーブルもしくはビューメニューから、Senders テーブルを選択します。
  3. [最大行数]に、取得したい最大行数を入力します。データの一括入力だけが目的の場合は1行だけを取得すれば十分です。リクエストどおりにクエリ欄にSQL クエリが表示されます。
  4. [シート名]に作成されるシートの名前を入力します。デフォルトでは、取得するテーブル名が新しいシート名になります。

Insert Rows to FedEx

データ取得後、既存のExcel で保存されているデータを取得したテーブルの下に追加していきます。

  1. テーブルの最終行の下の行に、他のシートを参照する式を入力します。例:=MySendersSheetInExcel!A1
  2. FedEx に挿入するセルを参照する式を入力し、セルを取得する行数分ドラグダウンします。テーブルに参照された値が表示されます。
  3. 挿入する行を選択して、CDATA リボンの[行を挿入]ボタンをクリックします。

各行の挿入が完了すると、Id の値が表示され、追加した値の文字が赤から黒に変わります。

 
 
ダウンロード