今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for FedEx を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Clover ETL からFedEx データに連携

データ連携ツールのCloverETL のビジュアルワークフローでFedEx データ連携を作成。

CData JDBC Driver for FedEx は、CloverETL からFedEx へのcreate, read, update, and delete (CRUD) commands 処理を実現します。本記事では、CloverETL でJDBC Driver を使い、FedEx をシンプルなCSV ファイルに変換します。

JDBC Data Source でFedEx に接続

  1. FedEx データへの連携を作成します。CloverETL の新しいgraph で、Outline ペインのConnections ノードを右クリックして、Create Connection をクリックします。Database Connection ウィザードが表示されます。
  2. +アイコンをクリックして、.jar ファイルをロードします。インストールディレクトリのlib フォルダの cdata.jdbc.fedex.jar ファイルを選択します。
  3. JDBC URL を入力します。一般的な接続文字列は: jdbc:fedex:Server='https://gatewaybeta.fedex.com:443/xml';DeveloperKey='alsdkfjpqoewiru';Password='zxczxqqtyiuowkdlkn';AccountNumber='110371337';MeterNumber='240134349'; PrintLabelLocation='C:\users\username\documents\mylabels';CacheProvider='org.sqlite.JDBC';CacheConnection='jdbc:sqlite:C:\users\username\documents\fedexcache.db';

    There are five pieces of information needed in order to authenticate its actions with the FedEx service. This information is below.

    • Server: This controls the URL where the requests should be sent. Common testing options for this are: "https://gatewaybeta.fedex.com:443/xml", "https://wsbeta.fedex.com:443/xml", "https://gatewaybeta.fedex.com:443/web-service", and "https://wsbeta.fedex.com:443/web-service"
    • DeveloperKey: This is the identifier part of the authentication key for the sender's identity. This value will be provided to you by FedEx after registration.
    • Password: This is the secret part of the authentication key for the sender's identity. This value will be provided to you by FedEx after registration.
    • AccountNumber: This valid 9-digit FedEx account number is used for logging into the FedEx server.
    • MeterNumber: This value is used for submitting requests to FedEx. This value will be provided to you by FedEx after registration.
    • PrintLabelLocation: This property is required if one intends to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.

    The Cache Database

    Many of the useful tasks available from FedEx require a lot of data. To ensure this data is easy to input and recall later, utilizes a cache database to make these requests. You must set the cache connection properties:

    • CacheProvider: The specific database you are using to cache with. For example, org.sqlite.JDBC.
    • CacheConnection: The connection string to be passed to the cache provider. For example, jdbc:sqlite:C:\users\username\documents\fedexcache.db

DBInputTable コンポーネントで、FedEx データをクエリ

  1. DBInputTable をReaders セクションからドラッグし、ジョブフローに置きます。ダブルクリックして、設定エディタを開きます。
  2. DB コネクションプロパティで、FedEx JDBC をドロップダウンから選択します。
  3. SQL クエリを入力します。例: SELECT * FROM Senders

UniversalDataWriter でQuery のOutput を記述

  1. Writer セクションからUniversalDataWriter をドラッグして、ジョブフローに置きます。
  2. UniversalDataWriter をダブルクリックして、設定エディタを開き、ファイルURL を足します。
  3. DBInputTable をダブルクリックして、Extract Metadata をクリックします。
  4. DBInputTable のOutput ポートをUniversalDataWriter に接続します。
  5. UniversalDataWriter のSelect Metadata メニューでSenders テーブルを選択します。(UniversalDataWriter のInput ポートを右クリックしてメニューを開くことも可能です。)
  6. Run をクリックして、ファイルの書き込みを実行します。
 
 
ダウンロード