DbVisualizer で FedEx データに連携しクエリを作成

詳細情報をご希望ですか?

製品の詳細情報:

FedEx 連携ソリューション


DbVisualizer のビジュアルデータ分析ツールやデータ接続ウィザードにFedEx を連携。



CData JDBC Driver for FedEx は、JDBC 標準に準拠し、BI ツールからIDE まで幅広いアプリケーションでFedEx への接続を提供します。この記事では、DbVisualizer からFedEx に接続する方法、およびtable エディタを使ってFedEx を 編集、および保存 する方法を説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

FedEx データの新しいJDBC データソースを作成

下記の手順に従って、Driver Manager を使ってDbVisualizer ツールからFedEx に接続します。

  1. DbVisualizer で[Tools]>[Driver Manager]>[Create a New Driver]をクリックします。
  2. データソースに名前を入力します。
  3. [URL Format]ボックスに以下を入力します: jdbc:fedex:
    DbVisualizer Driver Manager
  4. [User Specified]タブで[User Specified]ボタンをクリックし、インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のcdata.jdbc.fedex.jar ファイルを選択します。
  5. [Driver Class]メニューでFedExDriver クラス、cdata.jdbc.fedex.FedExDriver を選択します。

JDBC データソースへの接続を定義

下記の手順に従って、JDBC URL に接続プロパティを入力します。

  1. [Database] タブで[Database Connection]ノードを右クリックし、[Create a Database Connection]をクリックします。
  2. [Connection]セクションで以下のオプションを設定します:

    • Database Type:ウィザードオプションを選択した場合は、データベースの種類は自動検出される。ウィザードを使用しないオプションを選択した場合は、[Database Type]メニューから[Generic]または[Auto Detect]オプションを選択。
    • Driver:先ほど作成したドライバーを選択。
    • Database URL:フルJDBC URL を入力。JDBC URL シンタックスは以下のとおりです。 jdbc:fedex: 次に、セミコロン区切りでname-value ペアの接続プロパティを入力します。

      FedEx サービスでのアクションを認証するためには以下の5つの情報が必要です。

      • Server:リクエストを送信するURL を制御します。一般的なテストオプションは次のとおりです:"https://gatewaybeta.fedex.com:443/xml"、"https://wsbeta.fedex.com:443/xml"、"https://gatewaybeta.fedex.com:443/web-service"、および"https://wsbeta.fedex.com:443/web-service"
      • DeveloperKey:荷送人のID の認証キーの識別子部分。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
      • Password:荷送人のID の認証キーのシークレット部分。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
      • AccountNumber:この有効な9桁のFedEx アカウント番号は、FedEx サーバーへのログインに使用されます。
      • MeterNumber:この値はFedEx にリクエストを送信するために使用されます。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
      • PrintLabelLocation:このプロパティはGenerateLabels またはGenerateReturnLabels ストアドプロシージャを使用するために必要です。これは、生成されたラベルを格納するフォルダの場所に設定する必要があります。

      キャッシュデータベース

      FedEx から利用できる便利なタスクの多くは、大量のデータを必要とします。データを簡単に入力して後で呼び出すことができるように、キャッシュデータベースを活用してこれらのリクエストを行います。キャッシュ接続プロパティを設定する必要があります。

      • CacheProvider: The specific database you are using to cache with. For example, org.sqlite.JDBC.
      • CacheConnection: The connection string to be passed to the cache provider. For example, jdbc:sqlite:C:/users/username/documents/fedexcache.db

      一般的な接続文字列は次のとおりです。

      jdbc:fedex:Server='https://gatewaybeta.fedex.com:443/xml';DeveloperKey='alsdkfjpqoewiru';Password='zxczxqqtyiuowkdlkn';AccountNumber='110371337';MeterNumber='240134349'; PrintLabelLocation='C:/users/username/documents/mylabels';CacheProvider='org.sqlite.JDBC';CacheConnection='jdbc:sqlite:C:/users/username/documents/fedexcache.db';
    • Database UserId:FedEx を認証するユーザーネーム。
    • Database Password:FedEx を認証するパスワード。
  3. [Connection]タブで[Connect]をクリックします。

QuickBooks JDBC Driver が表示するテーブルをブラウズするには、テーブルを右クリックし[Open In New Tab]をクリックします。

SQL クエリの実行には、SQL Commander ツールを使います:[SQL Commander]>[New SQL Commander]をクリックします。利用可能なメニューから[Database Connection]、[Database]、[Schema]を選択します。

サポートされるSQL についての詳細は、ヘルプドキュメントの「サポートされるSQL」をご覧ください。テーブルに関する情報は「データモデル」をご覧ください。