Ready to get started?

Learn more about the CData ODBC Driver for FedEx or download a free trial:

Download Now

Alteryx DesignerにてFedEx Dataを、データプレパレーション・データブレンディング・分析

セルフサービスデータアナリティクスのためのFedEx data へのライブ接続のWorkflowを構築

FedEx 用のCData ODBCドライバは、ODBC標準のFedExからのライブデータへのアクセスを可能にし、使い慣れたSQLクエリで多種多様なBI、レポート、ETLツールでFedEx dataを扱うことができます 。 この記事では、セルフサービスBI、データプレパレーション、データブレンディング、アドバンスドアナリティクスを得意とするAlteryx DesignerでODBC接続を使用してFedEx dataに接続して利用する方法を示します。

FedEx Dataへの接続

  1. まだ行っていない場合は、データソース名(DSN)に必要な接続プロパティの値を入力します。 組み込みのMicrosoft ODBCデータソースアドミニストレーターを使用してDSNを構成できます。 これは、ドライバのインストールじの最後のステップでも可能です。 Microsoft ODBCデータソースアドミニストレータを使用してDSNを作成および設定する方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

    There are five pieces of information needed in order to authenticate its actions with the FedEx service. This information is below.

    • Server: This controls the URL where the requests should be sent. Common testing options for this are: "https://gatewaybeta.fedex.com:443/xml", "https://wsbeta.fedex.com:443/xml", "https://gatewaybeta.fedex.com:443/web-service", and "https://wsbeta.fedex.com:443/web-service"
    • DeveloperKey: This is the identifier part of the authentication key for the sender's identity. This value will be provided to you by FedEx after registration.
    • Password: This is the secret part of the authentication key for the sender's identity. This value will be provided to you by FedEx after registration.
    • AccountNumber: This valid 9-digit FedEx account number is used for logging into the FedEx server.
    • MeterNumber: This value is used for submitting requests to FedEx. This value will be provided to you by FedEx after registration.
    • PrintLabelLocation: This property is required if one intends to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.

    The Cache Database

    Many of the useful tasks available from FedEx require a lot of data. To ensure this data is easy to input and recall later, utilizes a cache database to make these requests. You must set the cache connection properties:

    • CacheProvider: The specific database you are using to cache with. For example, org.sqlite.JDBC.
    • CacheConnection: The connection string to be passed to the cache provider. For example, jdbc:sqlite:C:\users\username\documents\fedexcache.db
  2. Alteryx Designer を開いて新しいワークフローを作成します。
  3. 新しいInput Data ToolをWorkflowにドラッグ&ドロップします。
  4. 新しい input data toolをクリックして、File or Database下の「Database Connection -> New ODBC Connection...」を選択します。
  5. Alteryx用に定義下設定済みDSNを選択します。
  6. 開かれたウィザードの中で、クエリーに含めたいフィールドを選択します。
  7. FedEx data内のデータを要件にあった内容で正確に取得しているかを確認する場合には、SQLEditorを開き、クエリーを手動で変更することができます。

クエリー定義で、Alteryx Designer内でFedEx dataへの接続の準備ができました。

FedEx Dataに対するセルフサービス分析の実行

これで、FedEx dataのデータプレパレーション、ブレんディング、分析を行うワークフローを作成する準備が整いました。 以下の例では、データを整理して参照します。

  1. workflowにデータクレンジングツールを追加し、Nullテキストフィールドをブランクに置き換え、ヌル数値フィールドを0に置き換えるには、NULLを置き換えるのボックスをオンにします。また、不要な文字を削除するにチェックを入れて先頭と末尾の空白を削除することもできます。
  2. workflowにbrowse data toolを追加します。
  3. run the workflow (CTRL+R)をクリック。
  4. 結果ビューにてクレンジングされたFedEx dataデータを確認します。
 
 
ダウンロード