Query FedEx Data in MySQL Workbench

Ready to get started?

Download for a free trial:

Download Now

Learn more:

FedEx ODBC Driver

FedEx ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからFedEx にデータ連携。

FedEx データにデータベースと同感覚でアクセスして、FedEx のPackages、Shipments、Recipients データに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



Execute MySQL queries against live FedEx data from MySQL Workbench.

You can use the SQL Gateway from the ODBC Driver for FedEx to query FedEx data through a MySQL interface. Follow the procedure below to start the MySQL remoting service of the SQL Gateway and work with live FedEx data in MySQL Workbench.

Connect to FedEx Data

If you have not already done so, provide values for the required connection properties in the data source name (DSN). You can use the built-in Microsoft ODBC Data Source Administrator to configure the DSN. This is also the last step of the driver installation. See the "Getting Started" chapter in the help documentation for a guide to using the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure a DSN.

FedEx サービスでのアクションを認証するためには以下の5つの情報が必要です。

  • Server:リクエストを送信するURL を制御します。一般的なテストオプションは次のとおりです:"https://gatewaybeta.fedex.com:443/xml"、"https://wsbeta.fedex.com:443/xml"、"https://gatewaybeta.fedex.com:443/web-service"、および"https://wsbeta.fedex.com:443/web-service"
  • DeveloperKey:荷送人のID の認証キーの識別子部分。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
  • Password:荷送人のID の認証キーのシークレット部分。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
  • AccountNumber:この有効な9桁のFedEx アカウント番号は、FedEx サーバーへのログインに使用されます。
  • MeterNumber:この値はFedEx にリクエストを送信するために使用されます。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
  • PrintLabelLocation:このプロパティはGenerateLabels またはGenerateReturnLabels ストアドプロシージャを使用するために必要です。これは、生成されたラベルを格納するフォルダの場所に設定する必要があります。

キャッシュデータベース

FedEx から利用できる便利なタスクの多くは、大量のデータを必要とします。データを簡単に入力して後で呼び出すことができるように、キャッシュデータベースを活用してこれらのリクエストを行います。キャッシュ接続プロパティを設定する必要があります。

  • CacheLocation:デフォルトのキャッシュプロバイダーを使用して接続を構成するキャッシュの場所へのパス。例えば、C:\users\username\documents\fedexcache

CacheLocation の代わりとして、CacheConnection とCacheProvider の組み合わせを設定して、デフォルトとは別のプロバイダーを使用してキャッシュ接続を構成します。

Configure the SQL Gateway

See the SQL Gateway Overview to set up connectivity to FedEx data as a virtual MySQL database. You will configure a MySQL remoting service that listens for MySQL requests from clients. The service can be configured in the SQL Gateway UI.

Query FedEx from MySQL Workbench

The steps below outline connecting to the virtual FedEx database created in the SQL Gateway from MySQL Workbench and issuing basic queries to work with live FedEx data.

Connect to FedEx through the SQL Gateway

  1. In MySQL Workbench, click to add a new MySQL connection.
  2. Name the connection (CData SQL Gateway for FedEx).
  3. Set the Hostname, Port, and Username parameters to connect to the SQL Gateway.
  4. Click Store in Vault to set and store the password.
  5. Click Test Connection to ensure the connection is configured properly and click OK.

Query FedEx Data

  1. Open the connection you just created (CData SQL Gateway for FedEx).
  2. Click File -> New Query Tab.
  3. Write a SQL query to retrieve FedEx data, like SELECT * FROM `CData FedEx Sys`.Senders;

With access to live FedEx data from MySQL Workbench, you can easily query and update FedEx, just like you would a MySQL database. Get started now with a free, 30-day trial of the CData ODBC Driver for FedEx and the CData SQL Gateway.