SSIS を使ってFedEx データをSQL Server にインポート

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

FedEx SSIS Components

パワフルなSSIS Source & Destination Components で、SQL Server とFedEx をSSIS ワークフローで連携。

FedEx Data Flow Components を使ってFedEx のPackages、Shipments、Recipientsデータを簡単に同期。データ同期、ローカルバックアップ、ワークフロー自動化に最適!



SSIS components for FedEx を使用して簡単にSQL Server へFedEx をバックアップします。

SQL Server に基幹業務データのバックアップを保管しておくことは、ビジネス上のセーフティネットとなります。また、ユーザーはSQL Server のバックアップデータからレポーティングや分析を簡単に行うことができます。

ここでは、SQL サーバー SSIS ワークフロー内でCData SSIS Tasks for FedEx を使用して、FedEx データをMicrosoft SQL Server データベースに転送する方法を説明します。

Components の追加

開始するには、新しいFedEx ソースとSQL Server ADO.NET 転送先を新しいデータフロータスクに追加します。

新しいコネクションマネジャーを作成

以下のステップに従って、接続マネジャーでFedEx 接続プロパティを保存します。

  1. Connection Manager ウィンドウで、右クリックで[New Connection] を選択します。Add SSIS Connection Manager ダイアログが表示されます。
  2. [Connection Manager type]メニューでFedEx を選択します。CData FedEx Connection Manager が表示されます。
  3. 接続プロパティを構成します。

    FedEx サービスでのアクションを認証するためには以下の5つの情報が必要です。

    • Server:リクエストを送信するURL を制御します。一般的なテストオプションは次のとおりです:"https://gatewaybeta.fedex.com:443/xml"、"https://wsbeta.fedex.com:443/xml"、"https://gatewaybeta.fedex.com:443/web-service"、および"https://wsbeta.fedex.com:443/web-service"
    • DeveloperKey:荷送人のID の認証キーの識別子部分。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
    • Password:荷送人のID の認証キーのシークレット部分。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
    • AccountNumber:この有効な9桁のFedEx アカウント番号は、FedEx サーバーへのログインに使用されます。
    • MeterNumber:この値はFedEx にリクエストを送信するために使用されます。この値は、登録後にFedEx から提供されます。
    • PrintLabelLocation:このプロパティはGenerateLabels またはGenerateReturnLabels ストアドプロシージャを使用するために必要です。これは、生成されたラベルを格納するフォルダの場所に設定する必要があります。

    キャッシュデータベース

    FedEx から利用できる便利なタスクの多くは、大量のデータを必要とします。データを簡単に入力して後で呼び出すことができるように、キャッシュデータベースを活用してこれらのリクエストを行います。キャッシュ接続プロパティを設定する必要があります。

    • CacheProvider: The specific database you are using to cache with. For example, org.sqlite.JDBC.
    • CacheConnection: The connection string to be passed to the cache provider. For example, jdbc:sqlite:C:/users/username/documents/fedexcache.db

FedEx Source の構成

以下のステップに従って、FedEx の抽出に使用するクエリを指定します。

  1. FedEx ソースをダブルクリックしてソースコンポーネントエディタを開きます。
  2. [Connection Manager]メニューで、以前作成した接続マネジャーを選択します。
  3. データの書き出しに使用するクエリを指定します。例: SELECT FirstName, Phone FROM Senders WHERE SenderID = ab26f704-5edf-4a9f-9e4c-25
  4. FedEx Source コントロールを閉じて、ADO.NET Destination に接続します。

SQL Server Destination を構成する

以下のステップに従って、FedEx をロードするSQL サーバーテーブルを指定します。

  1. ADO.NET Destination を選択して、新しい接続を追加します。接続するサーバーおよびデータベースの情報を入力。
  2. Data access モードメニューで、[table or view]を選択します。
  3. [Table Or View]メニューで、設定するテーブルまたはビューを選択します。
  4. [Mappings]画面で必要なプロパティを設定します。

プロジェクトの実行

プロジェクトを実行できるようになりました。SSIS Task の実行が完了すると、データベースにFedEx データが入力されます。