SQLite へのFedEx データの自動反復レプリケーション

SQLite にCData Sync を使って、FedEx データを自動、反復、フレキシブルにレプリケーション。

常時起動のアプリケーションは、自動フェイルオーバー機能およびリアルタイムなデータアクセスを必要とします。 CData Sync は、SQLite インスタンスに直近のFedEx data を反復同期します。CData Sync で、アーカイブ、レポーティング、アナリティクス、機械学習、AI などで使えるよう、企業内の多様なデータを一か所に統合して管理することが可能になります。

SQLite をレプリケーションの同期先に設定

CData Sync を使って、SQLite にFedEx data をレプリケーションします。レプリケーションの同期先を追加するには、[接続]タブを開きます。

  1. [同期先]タブをクリックします。
  2. SQLite を同期先として選択します。
  3. 必要な接続プロパティを入力します。SQLite との接続には、以下のプロパティが必要です:
    • Data Source: データベースのパス。既存のデータベース、もしくは新しいデータベースにレプリケーションが可能です。Data Sync アプリケーションはデータベースへのアクセスが必要です。
  4. [接続のテスト]をクリックして、正しく接続できているかをテストします。
  5. [変更を保存]をクリックします。

FedEx 接続の設定

データソース側にFedEx を設定します。[接続]タブをクリックします。

  1. [接続の追加]セクションで[データソース]タブを選択します。
  2. FedEx アイコンをデータソースとして選択します。プリインストールされたソースにFedEx がない場合には、追加データソースとしてダウンロードします。
  3. 接続プロパティに入力をします。

    There are five pieces of information needed in order to authenticate its actions with the FedEx service. This information is below.

    • Server: This controls the URL where the requests should be sent. Common testing options for this are: "https://gatewaybeta.fedex.com:443/xml", "https://wsbeta.fedex.com:443/xml", "https://gatewaybeta.fedex.com:443/web-service", and "https://wsbeta.fedex.com:443/web-service"
    • DeveloperKey: This is the identifier part of the authentication key for the sender's identity. This value will be provided to you by FedEx after registration.
    • Password: This is the secret part of the authentication key for the sender's identity. This value will be provided to you by FedEx after registration.
    • AccountNumber: This valid 9-digit FedEx account number is used for logging into the FedEx server.
    • MeterNumber: This value is used for submitting requests to FedEx. This value will be provided to you by FedEx after registration.
    • PrintLabelLocation: This property is required if one intends to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.

    The Cache Database

    Many of the useful tasks available from FedEx require a lot of data. To ensure this data is easy to input and recall later, utilizes a cache database to make these requests. You must set the cache connection properties:

    • CacheProvider: The specific database you are using to cache with. For example, org.sqlite.JDBC.
    • CacheConnection: The connection string to be passed to the cache provider. For example, jdbc:sqlite:C:\users\username\documents\fedexcache.db
  4. [接続のテスト]をクリックして、正しく接続できているかをテストします。
  5. [変更を保存]をクリックします。

レプリケーションを実行するクエリの設定

Data Sync はレプリケーションをコントロールするSQL クエリを簡単なGUI 操作で設定できます。 レプリケーションジョブ設定には、[ジョブ]タブに進み、[ジョブを追加]ボタンをクリックします。 次にデータソースおよび同期先をそれぞれドロップダウンから選択します。

テーブル全体をレプリケーションする

テーブル全体をレプリケーションするには、[テーブル]セクションで[テーブルを追加]をクリックします。表示されたテーブルリストからレプリケーションするテーブルをチェックします。

テーブルをカスタマイズしてレプリケーションする

レプリケーションはテーブル全体ではなく、カスタマイズが可能です。[変更]機能を使えば、レプリケーションするカラムの指定、同期先でのカラム名を変更しての保存、ソースデータの各種加工が可能です。レプリケーションのカスタマイズには、ジョブの[変更]ボタンをクリックしてカスタマイズウィンドウを開いて操作を行います。

レプリケーションのスケジュール起動設定

[スケジュール]セクションでは、レプリケーションジョブの自動起動スケジュール設定が可能です。反復同期間隔は、15分おきから毎月1回までの間で設定が可能です。

レプリケーションジョブを設定したら、[変更を保存]ボタンを押して保存します。FedEx data のSQLite へのレプリケーションジョブは一つではなく複数を作成することが可能です。

 
 
ダウンロード