PyCharm でCData ODBC Driver for FreshBooks を使ってみた

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

FreshBooks ODBC Driver

FreshBooks ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなFreshBooks データに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにFreshBooks データにアクセスし、FreshBooks の顧客、トランザクション、請求書、販売レシートなどの読み、書き、更新を実行できます。



FreshBooks にODBC データソースとしてPyCharm から連携。

CData ODBC Drivers は、ODBC をサポートするあらゆる環境から利用可能です。 本記事では、PyCharm からのCData ODBC Driver for FreshBooks の利用を説明します。ODBC Deriver をデータソースとして設定する方法、データソースをクエリするPyCharm のベーシックな方法を含みます。

To begin, this tutorial will assume that you have already installed the CData ODBC Driver for FreshBooks as well as PyCharm.

Pyodbc をプロジェクトに追加

Follow the steps below to add the pyodbc module to your project.

  1. Click File -> Settings to open the project settings window.
  2. Click Project Interpreter from the Project: YourProjectName menu.
  3. To add pyodbc, click the + button and enter pyodbc.
  4. Click Install Package to install pyodbc.

FreshBooks への接続

You can now connect with an ODBC connection string or a DSN. See the Getting Started section in the CData driver documentation for a guide to creating a DSN on your OS.

FreshBooks はOAuth 認証標準を利用しています。OAuth を使って認証するには、アプリケーションを作成してOAuthClientId、OAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティを取得しなければなりません。

詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

Below is the syntax for a DSN:

[CData FreshBooks Source] Driver = CData ODBC Driver for FreshBooks Description = My Description CompanyName = CData Token = token

FreshBooks へのクエリの実行

Instantiate a Cursor and use the execute method of the Cursor class to execute any SQL statement.

import pyodbc cnxn = pyodbc.connect('DRIVER={CData ODBC Driver for FreshBooks};CompanyName = CData;Token = token;') cursor = cnxn.cursor() cursor.execute("SELECT Username, Credit FROM Clients WHERE Email = 'Captain Hook'") rows = cursor.fetchall() for row in rows: print(row.Username, row.Credit)

After connecting to FreshBooks in PyCharm using the CData ODBC Driver, you will be able to build Python apps with access to FreshBooks data as if it were a standard database. If you have any questions, comments, or feedback regarding this tutorial, please contact us at support@cdata.com.