Google データポータルでGmail データのレポートを作成

製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細情報はこちら。無償トライアルはこちら:

  無償トライアル

CData Connect Cloud を使ってGmail ライブデータに接続し、Google データポータルでカスタムレポートを作成します。



Google データポータルを使えば、リッチなビジュアライゼーションを盛り込んだレポートを作成してクライアントに提出できます。CData Connect Cloud と組み合わせると、ビジュアライゼーションやダッシュボード用にGmail データにクラウドベースでアクセスできます。この記事では、Google データポータルでGmail の仮想データベースを作成し、Gmail データを使用したレポートを作成する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、Gmail にクラウドインターフェースを提供し、ネイティブにサポートされているデータベースにデータを複製することなくGoogle データポータルでのGmail ライブデータを使用したレポート作成を実現します。ビジュアライゼーションを作成する際、Google データポータルはデータを収集するためのSQL クエリを生成します。CData Connect Cloud は最適化されたデータ処理を使用して、サポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をGmail に直接発行し、サーバー側の処理を利用して、Gmail データを高速で返します。

以下のステップでは、CData Connect Cloud のインスタンスが必要になります。こちらから製品の詳しい情報と無償トライアルにアクセスできます。


Connect Cloud からGmail への接続

CData Connect Cloud では、直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。
  2. 「Add Connection」パネルから「Gmail」を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Gmail に接続します。

    Gmail に接続する方法は2つあります。ログインクレデンシャルかOAuth のいずれかを選択する前に、まずGmail のアカウント設定でIMAP アクセスを有効にしてください。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」-「Gmail への接続」を参照してください。

    Authentication セクションのUser とPassword プロパティに、有効なGmail ユーザー資格情報を設定します。

    あるいは、Password を指定する代わりに、OAuth 認証標準を使います。 個々のユーザーに代わってGoogle API にアクセスするには、埋め込みクレデンシャルを使用するか、独自のOAuth アプリを登録することができます。

    また、OAuth を利用することで、Google Apps ドメイン内のユーザーに代わってサービスアカウントを使用して接続することができます。サービスアカウントで認証するには、アプリケーションを登録してOAuth JWT 値を取得する必要があります。

    OAuth 値に加え、User を指定する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

  4. Create & Tast をクリックします。
  5. 「Add Gmail Connection」ページの「Permissions」タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。

コネクションの設定が完了したら、Google データポータルからGmail データへの接続準備ができました。

Gmail ライブデータにGoogle データポータルからアクセス

以下のステップでは、Google データポータルからCData Connect Cloud に接続して新しいGmail データソースを作成し、データから簡単なビジュアライゼーションを構築する方法の概要を説明します。

  1. Google データポータルにログインして、「作成」ボタンから新しいデータソースを作成し、CData Connect Cloud Connector を選択します。
  2. 「Authorize」をクリックしてGoogle アカウントへのアクセスを許可します。
  3. 「Authorize」をクリックしてご利用のCData Connect Cloud インスタンスを認証します。
  4. Google データポータルのCData Connect Cloud Connector でコネクション(例:Gmail1)を選択し、「Next」をクリックします。
  5. テーブル(例:Inbox)を選択するかCustom Query を使用して、「CONNECT」をクリックして次に進みます。
  6. 必要な場合にはカラムを変更して、「レポートを作成」をクリックしてデータソースをレポートに追加します。
  7. ビジュアライゼーションのスタイルを選択してレポートに追加します。
  8. ディメンションと指標を選択してビジュアライゼーションを作成します。

クラウドアプリケーションからGmail データへのライブアクセス

以上で、Google データポータルのワークブックからGmail ライブデータへのクラウド接続が実現します。これで、Gmail を複製することなくより多くのデータソースや新しいビジュアライゼーション、レポートを作成することができます。

クラウドアプリケーションから直接100を超えるSaaS 、ビッグデータ、NoSQL データソースへのリアルタイムデータアクセスを実現するには、CData Connect Cloud の30日間無償トライアルをぜひお試しください。