DBArtisan でJDBC 経由でGmail Data をデータ連携利用

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Gmail JDBC Driver

パワフルなGmail 送受信機能を統合した優れたJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。E メールの送受信、Gmail フォルダ / メッセージの管理などを行うことができます。


DBArtisan のウィザードを使用して、Gmail のJDBC データソースを作成します。



CData JDBC Driver for Gmail は、データベースとしてGmail data に連携できるようにすることで、Gmail data をDBArtisan などのデータベース管理ツールにシームレスに連携します。ここでは、DBArtisan でGmail のJDBC ソースを作成する方法を説明します。データを直観的に標準SQL で実行できます。

Gmail Data をDBArtisan Projects に連携

以下のステップに従って、Gmail をプロジェクトのデータベースインスタンスとして登録します。

  1. DBArtisan で、[Data Source]->[Register Datasource]とクリックします。
  2. [Generic JDBC]を選択します。
  3. [Manage]をクリックします。
  4. 表示されるダイアログで、[New]をクリックします。ドライバーの名前を入力し、[Add]をクリックします。次に、ドライバーJAR に移動します。ドライバーJAR は、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。
  5. Connection URL ボックスで、JDBC URLに資格情報とその他の必要な接続プロパティを入力します。

    Gmail に接続する方法は2つあります。ログインクレデンシャルかOAuth のいずれかを選択する前に、まずGmail のアカウント設定でIMAP アクセスを有効にしてください。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」-「Gmail への接続」を参照してください。

    Authentication セクションのUser とPassword プロパティに、有効なGmail ユーザー資格情報を設定します。

    あるいは、Password を指定する代わりに、OAuth 認証標準を使います。 個々のユーザーに代わってGoogle API にアクセスするには、埋め込みクレデンシャルを使用するか、独自のOAuth アプリを登録することができます。

    また、OAuth を利用することで、Google Apps ドメイン内のユーザーに代わってサービスアカウントを使用して接続することができます。サービスアカウントで認証するには、アプリケーションを登録してOAuth JWT 値を取得する必要があります。

    OAuth 値に加え、User を指定する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    ビルトイン接続文字列デザイナー

    JDBC URL の構成については、Gmail JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.gmail.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    下は一般的な接続文字列です。

    jdbc:gmail:User=username;Password=password;
  6. ウィザードを終了して、Gmail に接続します。Gmail エンティティは、[Datasource Explorer]に表示されます。

ほかのデータベースを使うのと同じように、Gmail を使うことができます。 Gmail API にサポートされているクエリについてのより詳しい情報は、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。