SpagoBI でGmail に連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Gmail JDBC Driver

パワフルなGmail 送受信機能を統合した優れたJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。電子メールの送受信、Gmail フォルダー / メッセージの管理などを行うことができます。



SpagoBI Studio でライブGmail にフィーチャーしたレポートを作成します。ホストのGmail はSpagoBI サーバーを報告します。

CData JDBC Driver for Gmail はJDBC 標準をサポートするビジネスインテリジェンスおよびデータマイニングツールからライブGmail に接続することを可能にします。この記事では、Gmail をSpagoBI Studio のレポートに統合し、SpagoBI サーバーでホストする方法を説明します。

SpagoBI サーバーのJDBC ドライバーをデプロイ

以下のステップに従ってSpagoBI サーバーでJDBC data source for Gmail を作成します。

  1. ドライバーJAR を%CATALINA_BASE%/lib にコピーします。これらのファイルは、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。
  2. Gmail ドライバーリソースをコンテクストに追加します。以下のリソース定義をserver.xml の[GlobalNamingResources]要素に追加できます。 <Resource name="jdbc/gmail" auth="Container" type="javax.sql.DataSource" driverclassname="cdata.jdbc.gmail.GmailDriver" factory="org.apache.tomcat.jdbc.pool.DataSourceFactory" maxactive="20" maxidle="10" maxwait="-1"/>

  3. 以下のリソースリンクを追加し、Web アプリケーションへのアクセスを許可します。この記事では、SpagoBI のMETA-INF\context.xml に次の行を追加します。 <ResourceLink global="jdbc/gmail" name="jdbc/gmail" type="javax.sql.DataSource"/>
  4. サーバーを再起動します。

SpagoBI サーバーのリソースにドライバーを追加した後、データソースを追加します。SpagoBIで[Resources]->[Data Source]->[Add]と進み、以下の情報を入力します。

  • Label:ドライバーに独特の識別子を入力します。
  • Description:ドライバーにディスクリプションを入力します。
  • Dialect:デフォルトの方言を選択します。
  • Read Only:読み取り専用オプションを選択します。このオプションは、データソースがエンドユーザーによって作成された、データセットを保存するためのデフォルトデータベースであるかどうかを決定します。
  • Type:[JDBC]を選択します。
  • URL:
  • 必要な接続文字列プロパティを使用してJDBC URLを入力します。

    Gmail に接続する方法は2つあります。ログインクレデンシャルかOAuth のいずれかを選択する前に、まずGmail のアカウント設定でIMAP アクセスを有効にしてください。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」-「Gmail への接続」を参照してください。

    Authentication セクションのUser とPassword プロパティに、有効なGmail ユーザー資格情報を設定します。

    あるいは、Password を指定する代わりに、OAuth 認証標準を使います。 個々のユーザーに代わってGoogle API にアクセスするには、埋め込みクレデンシャルを使用するか、独自のOAuth アプリを登録することができます。

    また、OAuth を利用することで、Google Apps ドメイン内のユーザーに代わってサービスアカウントを使用して接続することができます。サービスアカウントで認証するには、アプリケーションを登録してOAuth JWT 値を取得する必要があります。

    OAuth 値に加え、User を指定する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、Gmail JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.gmail.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    以下は一般的なJDBC URL です。

    jdbc:gmail:User=username;Password=password;
  • Driver:ドライバーのクラス名にcdata.jdbc.gmail.GmailDriver を入力します。

SpagoBI Studio でレポートを作成

以下のステップに従い、SpagoBI StudioでGmail に基づいたレポートを作成します。SQL クエリの結果をチャートに挿入するデータセットを作成します。次のセクションでは、このレポートをSpagoBI サーバーでホストします。

初めに、SpagoBI Studio のレポートからGmail に接続してください。

  1. SpagoBI Studio で、[File]->[New]->[Project]とクリックしていき、[Business Intelligence and Reporting Tools]フォルダで[Report Project]を選択します。
  2. [File]->[New]->[Report]と進み、[Blank Report]を選択します。
  3. [Data Explorer]ビューで[Data Sources]を右クリックし、[New Data Source]をクリックします。
  4. [JDBC Data Source]を選択し、データソース名を入力します。
  5. [Manage Drivers]をクリックし、[Add]をクリックしてドライバーJAR(cdata.jdbc.gmail.jar) を追加します。
  6. ドライバーJAR は、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。
  7. [Driver Class]メニューでドライバークラス(cdata.jdbc.gmail.GmailDriver)を選択します。
  8. [Database URL]ボックスに、[JDBC URL]を入力します。以下は一般的な接続文字列です。 jdbc:gmail:User=username;Password=password; 必要な接続プロパティを取得するためのガイドについては、ドライバーヘルプの[Getting Started]チャプターを見てください。

Gmail に接続した後、SQL クエリの結果を含むデータセットを作成します。

  1. [DataSet]フォルダを右クリックし、[New Data Set]をクリックします。JDBC data source for Gmail を選択し、データセットの名称を入力します。
  2. SQL クエリを構築します。ここでは、このクエリを使用してダッシュボードにチャートを追加します。例: SELECT Subject, Size FROM Inbox

データセットを使用して、レポートオブジェクトにデータを入力できます。以下のステップに従って、チャートを作成します。

  1. [Palette]ビューで、チャートをキャンバスにドラッグします。
  2. [Select Chart Type]タブで棒グラフを選択します。
  3. [Select Data]タブで[Use Data From]オプションをクリックし、メニューからGmail データセットを選択します。
  4. Subject をテーブルからx 軸の系列にドラッグします。
  5. Size をテーブルからy 軸の系列にドラッグします。

SpagoBI サーバーに関するホストGmail レポート

以下のステップに従って、SpagoBI サーバーでライブGmail に基づいてドキュメントをホストできます。前のセクションで作成したレポートをテンプレートとして使用します。レポートユーザーがライブデータにアクセスできるようにするには、サーバー上のGmail JDBC データソースに置き換えられるプレースホルダパラメータを作成します。

  1. 未実行の場合、SpagoBI Studio で[Report Design]パースペクティブで開きます。
  2. [Data Explorer]ビューで[Report Parameters]フォルダを右クリックし、[New Parameter]をクリックします。url パラメータを追加し、それに空の値を割り当てます。このパラメータはSpagoBI サーバー上のJDBC データソースのプレースホルダです。
  3. Gmail データソースを右クリックし、[Edit]をクリックします。
  4. [Property Binding]ノードで、JDBC Driver のURL バインディングプロパティurl パラメータに設定します。プロパティのボックスをクリックします。[Category]セクションで[Report Parameters]を選択します。[Subcategory]セクションで[All]を選択し、パラメータをダブルクリックします。

    JavaScript構文に以下のように入力することもできます。

    params["url"].value

続いて、SpagoBI サーバーでレポート用の新しいドキュメントを作成します。

  1. SpagoBI サーバーで、[Documents Development]->[Create Document]->[Generic Document]と進みます。[Document Details]ページが表示されます。
  2. 以下の情報を入力し、ドキュメントを作成します。
    • Label:ドキュメントに独自の識別子を入力します。
    • Name:ドキュメントのわかりやすい名前を入力します。
    • Type:メニューから[Report]を選択します。
    • Engine:[BIRT Report Engine]を選択します。
    • Data Source:SpagoBI サーバーのCreate a JDBC Data Source for Gmail で作成したGmail Data Source を選択します。
  3. [Show Document Templates]セクションで、ドキュメントを格納したいフォルダを選択します。
  4. [Template]セクションで、[Choose File]をクリックします。レポートプロジェクトを含むフォルダに移動します。.rptdesign ファイルを選択します。

    Noteプロジェクトへのパスは、プロジェクトプロパティで確認できます。

  5. [Save]ボタンをクリックします。

サーバーでレポートを実行すると、プレースホルダurl パラメータがサーバーで定義されたJDBC URL に置き換えられます。