製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Gmail ODBC Driver

Gmail ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなインターネット電子メール(Gmail)に直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインターフェースを使用して、データベースのようにGmail フォルダおよびメッセージデータにアクセスし、電子メールの読み出し、書き込み、および送信を実行できます。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Microsoft Access リンクテーブルからGmail データを更新


CData Gmail ODBC Driver を使ってMicrosoft Access でリンクテーブルを作成してGmail データを更新。


ODBC



CData ODBC Drivers は、Open Database Connectivity (ODBC) をサポートするあらゆるデータベース管理ツールにデータを連携します。多くの一般的なプロダクティビティツールにおいて、ドキュメントの共有やコラボレーション機能を新たに追加します。CData ODBC driver for Gmail を使って、Microsoft Access でGmailを取得および更新ができます; 例えば内容を更新するとすぐに、アップデートされた内容を他のユーザーが見ることができます。

Gmail DSN を作成

接続プロパティが未設定の場合には、ODBC データソース名の設定を行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN を作成および設定できます。

Gmail に接続する方法は2つあります。ログインクレデンシャルかOAuth のいずれかを選択する前に、まずGmail のアカウント設定でIMAP アクセスを有効にしてください。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」-「Gmail への接続」を参照してください。

Authentication セクションのUser とPassword プロパティに、有効なGmail ユーザー資格情報を設定します。

あるいは、Password を指定する代わりに、OAuth 認証標準を使います。 個々のユーザーに代わってGoogle API にアクセスするには、埋め込みクレデンシャルを使用するか、独自のOAuth アプリを登録することができます。

また、OAuth を利用することで、Google Apps ドメイン内のユーザーに代わってサービスアカウントを使用して接続することができます。サービスアカウントで認証するには、アプリケーションを登録してOAuth JWT 値を取得する必要があります。

OAuth 値に加え、User を指定する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

一般的な接続文字列は次のとおりです:

User=username;Password=password;

ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

Inbox データにリンクテーブルを作成

Access からリンクテーブル作成してライブInbox データにアクセスする方法は、次のとおりです。

  1. Access の[外部データ]タブで[新しいデータソース]->[他のソースから]->[ODBC データベース]をクリックします。
  2. データの保存方法オプションで、インポートかリンクテーブルかを選択します。リンクテーブルでは、Inbox テーブルへのデータの読み出しおよび書き込みを可能にします。
  3. [コンピュータデータソース]タブからCData Gmail データソースを選択します。

  4. Inbox テーブルを選択します。このテーブルについての詳細は、ヘルプドキュメントの「データモデル」を参照してください。
  5. リンクテーブルをダブルクリックで編集 リンクテーブルは常に最新のデータを持ち、すべての変更は元となるテーブルに反映されます。