Crystal Reports にGmail を連携してGmail データを使った帳票を作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Gmail ODBC Driver

Gmail ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなインターネット電子メール(Gmail)に直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにGmail フォルダーおよびメッセージデータにアクセスし、電子メールの読み出し、書き込み、および送信を実行できます。



レポート作成ウィザードを使って、最新のGmail データを使った帳票を作成。



Crystal Reports には、ODBC 標準向けのサポートが組み込まれています。CData ODBC Driver for Gmail は、Crystal Reports でレポート作成ウィザードやその他のツールを使ってGmail へのアクセスを可能にします。この記事では、Gmail の機能を持つシンプルな帳票を作成する方法を説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Gmail データに接続

下記の手順に従って、レポート作成ウィザードを使ってGmail 接続を作成します。

  1. ODBC 接続プロパティの指定がまだの場合は、DSN (データソース名)の設定を行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。一般的な接続プロパティは以下のとおりです:

    • User
    • Password

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

    Gmail に接続する方法は2つあります。ログインクレデンシャルかOAuth のいずれかを選択する前に、まずGmail のアカウント設定でIMAP アクセスを有効にしてください。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」-「Gmail への接続」を参照してください。

    Authentication セクションのUser とPassword プロパティに、有効なGmail ユーザー資格情報を設定します。

    あるいは、Password を指定する代わりに、OAuth 認証標準を使います。 個々のユーザーに代わってGoogle API にアクセスするには、埋め込みクレデンシャルを使用するか、独自のOAuth アプリを登録することができます。

    また、OAuth を利用することで、Google Apps ドメイン内のユーザーに代わってサービスアカウントを使用して接続することができます。サービスアカウントで認証するには、アプリケーションを登録してOAuth JWT 値を取得する必要があります。

    OAuth 値に加え、User を指定する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

  2. 新しい帳票で、[Create New Connection]>[ODBC]をクリックします。

  3. ウィザードが表示されたら[Select Data Source]をクリックし、[Data Source Name]メニューでDSN を選択します。

Gmail データに連携する帳票をデザイン

ODBC 接続をGmail に追加したら、レポート作成ウィザードを使ってGmail を帳票に追加できます。

  1. 帳票に必要なテーブルやフィールドを選択して、データソースを設定します。この例では、Inbox テーブルのSubject およびSize カラムを使います。

  2. チャートの種類を設定。 例えば、Size をSubject で表すシンプルなチャートを作成します。 ウィザードを完了すると、Crystal Reports はGmail に実行されるSQL クエリをビルドします。ドライバーは、リアル隊うGmail に対してクエリを実行します。

  3. 必要に応じて、ほかのフィルタやレポートテンプレートを設定します。
  4. データのインポートが終わったら、レポートフィールドをサマライズもしくはソートするチャートやレポートオブジェクトを作成できます。[Insert]>[Chart]をクリックして、チャートエキスパートを開きます。Total Size by Subject を表すグラフを作成するには、Subject を[On Change Of]メニューセレクションの下のボックスに追加してからSize を[Show Values]の下のボックスに追加します。

完成した帳票をプレビューして、チャートにデータが入っていることを確認します。Null 値を取り除きたい場合は、SelectionFormula を使います。