製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

GMO MakeShop データをDevExpress Data Grid にデータバインドする。

GMO MakeShop 用の CData ADO.NET プロバイダーをDevExpress Windows Forms とWeb コントロールとともに使用し、GMO MakeShop をチャートに入力します。

GMO MakeShop 用の CData ADO.NET プロバイダーはサードパーティーコントコントロールで使うことのできる通常のADO.NET データベースアクセスコンポーネントを実装しています。データバインドするための通常のADO.NET プロセスに従うことで、UI コントロールから実データへの双方向アクセスを可能にします。 この記事では、CData を使ってDevExpress Windows Forms とウェブコントロールにデータバインドする方法を説明します。ここでは、最新のデータを表示するチャートにデータバインドします。

GMO MakeShop に接続するには、MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId が必要です。

GMO MakeShop へのアクセスの設定

MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId を取得するには、以下の手順に従ってください。

  • GMO MakeShop には各API のAccessCode が必要です。
  • GMO MakeShop Store Manager にログインし、メニューの[ショップ作成]をクリックします。
  • 左ナビゲーションメニューの[外部システム連携]から任意の連携対象設定ををクリックします(メニューに表示されない場合は別途GMO MakeShop にご確認ください)。
  • 商品データ連携設定の場合:認証コードの[発行]ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。
  • 注文データ連携設定の場合:最初に[注文情報参照]と[注文情報変更]の設定を選択します。選択後、認証コードの[発行]ボタンをクリックし、OrdersAccessCode を取得します。
  • 会員データ連携設定の場合:最初に[会員情報の(参照・登録・変更・削除)]の設定を選択します。選択後、認証コードの[発行]ボタンをクリックし、MembersAccessCode を取得します。
  • 会員認証連携設定の場合:認証コードの[発行]ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。

GMO MakeShop アカウントの認証

次の接続プロパティを設定して接続します。

  • ShopId:接続先のGMO MakeShop Store ID を設定。GMO MakeShop Store ID はログイン用の ID と同じです。
  • OrdersAccessCode:[注文データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • ProductsAccessCode:[商品データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Products テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • MembersAccessCode:[会員データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Members テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • MemberAuthenticationCode:[会員認証連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは MemberAuthenticationConfirm を実行する場合に必要です。
  • Password:GMO MakeShop Store Manager のログインユーザーのパスワードを指定。このプロパティは ProductCategoryRegistrationOrModification,ProductMemberGroupPriceRegistrationOrModification,ProductOptionRegistrationOrModification,ProductRegistrationOrModification を実行する場合に必要です。

Windows Forms コントロール

下のコードでは、GMO MakeShop でDevExpress のチャートに追加する方法を説明します。GMOMakeShopDataAdapter はチャートコントロールのSeries プロパティにバインドします。コントロールのDiagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。

using (GMOMakeShopConnection connection = new GMOMakeShopConnection( "ShopId=MyShopId;ProductsAccessCode=MyProductsAccessCode;MembersAccessCode=MyMembersAccessCode;OrdersAccessCode=MyOrdersAccessCode;")) { GMOMakeShopDataAdapter dataAdapter = new GMOMakeShopDataAdapter( "SELECT BrandCode, Price FROM Products", connection); DataTable table = new DataTable(); dataAdapter.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new DevExpress.XtraCharts.Series(); chartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "Price" }); series.ArgumentScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "BrandCode"; series.ValueScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Numerical; chartControl1.Legend.Visibility = DevExpress.Utils.DefaultBoolean.False; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

Web コントロール

下のコードではGMO MakeShop でDevExpress Web を操作するための設定方法を説明します。GMOMakeShopDataAdapter はチャートのSeries プロパティにバインドします。Diagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。 using DevExpress.XtraCharts; using (GMOMakeShopConnection connection = new GMOMakeShopConnection( "ShopId=MyShopId;ProductsAccessCode=MyProductsAccessCode;MembersAccessCode=MyMembersAccessCode;OrdersAccessCode=MyOrdersAccessCode;")) { GMOMakeShopDataAdapter GMOMakeShopDataAdapter1 = new GMOMakeShopDataAdapter("SELECT BrandCode, Price FROM Products", connection); DataTable table = new DataTable(); GMOMakeShopDataAdapter1.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new Series("Series1", ViewType.Bar); WebChartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "Price" }); series.ArgumentScaleType = ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "BrandCode"; series.ValueScaleType = ScaleType.Numerical; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

 
 
ダウンロード