BIRT Reports をGMO MakeShop データ でデザイン

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

GMO MakeShop JDBC Driver

在庫、商品、受注などのGMO MakeShop アカウントデータを組み込んだ強力なJava アプリケーションを迅速に作成して配布できます。



現在のGMO MakeShop を組み込み型アナリティクスに提供します。

CData JDBC Driver for GMO MakeShop は、GMO MakeShop APIs への接続をデータドリブンJava アプリケーションに統合します。CData JDBC Driver for GMO MakeShop をBIRT (Business Intelligence Reporting Tools) のプラットホームで使用することで、リアルタイムでデータの変更を反映するBIRT レポートを作成できます。

  1. Eclipse 用のBIRT Framework プラグインとDatabase Development プラグインをインストールします。
  2. [File]->[New]->[Report]と進みます。[Report Design perspective]が表示されます。
  3. [Data Explorer]で[Data Sources]を右クリックし、[New Data Source]をクリックします。
  4. [Following List]オプションから[Create from Data Source Type]を選択し、[JDBC Data Source]を選択します。
  5. [Manage Drivers]をクリックし、インストールフォルダのlib サブフォルダにあるドライバーのJAR を追加します。
  6. [Database URL]ボックスに、接続文字列を含む[JDBC URL]を入力します。

    GMO MakeShop に接続するには、MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId が必要です。

    GMO MakeShop へのアクセスの設定

    MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId を取得するには、以下の手順に従ってください。

    • GMO MakeShop には各API のAccessCode が必要です。
    • GMO MakeShop Store Manager にログインし、メニューの「ショップ作成」をクリックします。
    • 左ナビゲーションメニューの「外部システム連携」から任意の連携対象設定ををクリックします(メニューに表示されない場合は別途GMO MakeShop にご確認ください)。
    • 商品データ連携設定の場合:認証コードの「発行」ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。
    • 注文データ連携設定の場合:最初に「注文情報参照」と「注文情報変更」の設定を選択します。選択後、認証コードの「発行」ボタンをクリックし、OrdersAccessCode を取得します。
    • 会員データ連携設定の場合:最初に「会員情報の(参照・登録・変更・削除)」の設定を選択します。選択後、認証コードの「発行」ボタンをクリックし、MembersAccessCode を取得します。
    • 会員認証連携設定の場合:認証コードの「発行」ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。

    GMO MakeShop アカウントの認証

    次の接続プロパティを設定して接続します。

    • ShopId:接続先のGMO MakeShop Store ID を設定。GMO MakeShop Store ID はログイン用の ID と同じです。
    • OrdersAccessCode:「注文データ連携設定」から取得した「認証コード」を設定。このプロパティは Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • ProductsAccessCode:「商品データ連携設定」から取得した「認証コード」を設定。このプロパティは Products テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • MembersAccessCode:「会員データ連携設定」から取得した「認証コード」を設定。このプロパティは Members テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • MemberAuthenticationCode:「会員認証連携設定」から取得した「認証コード」を設定。このプロパティは MemberAuthenticationConfirm を実行する場合に必要です。
    • Password:GMO MakeShop Store Manager のログインユーザーのパスワードを指定。このプロパティは ProductCategoryRegistrationOrModification,ProductMemberGroupPriceRegistrationOrModification,ProductOptionRegistrationOrModification,ProductRegistrationOrModification を実行する場合に必要です。

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、GMO MakeShop JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.gmomakeshop.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    JDBC URL を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

    以下は一般的なJDBC URL です。

    jdbc:gmomakeshop:ShopId=MyShopId;ProductsAccessCode=MyProductsAccessCode;MembersAccessCode=MyMembersAccessCode;OrdersAccessCode=MyOrdersAccessCode;
  7. [Data Sets]フォルダを右クリックし、[JDBC data source for GMO MakeShop]を選択します。
  8. 表示されるダイアログで、レポートのデータを取得するために使用するSELECT クエリを構築します。この記事では、以下のクエリを用います。 SELECT BrandCode, Price FROM Products
  9. [Palette]で、[Chart]をエディタにドラッグします。[Chart]ウィザードが表示されます。
  10. チャートタイプを選択した後、[Select Data]タブのチャートフィールドにカラムをドラッグします。
  11. [Run]->[View Report]->[In Web Viewer]とクリックして、レポートを表示します。

これによって、BIRT レポートがGMO MakeShop の更新をすべて取得できるようになります。

レポートをアプリケーションサーバーに公開するには、ドライバーのJAR をBIRT Viewer のクラスパスに追加します。より詳しい説明は、Java アプリケーションサーバーにJDBC Driver をデプロイする方法について、CData KB を参照してください。