今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for GMO MakeShop を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Connect to GMO MakeShop Data from a Connection Pool in JBoss

Integrate GMO MakeShop data into Java servlets: Use the Management Console in JBoss to install the CData JDBC Driver for GMO MakeShop.

CData JDBC drivers can be configured in JBoss by following the standard procedure for connection pooling. This article details how to access Salesforce data from a connection pool in JBoss applications. This article details how to use the JBoss Management Interface to configure the CData JDBC Driver for GMO MakeShop. You will then access GMO MakeShop data from a connection pool.

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Create a JDBC Data Source for GMO MakeShop from the Management Console

Follow the steps below to add the driver JAR and define required connection properties.

  1. In the Runtime menu, select the Domain or Server menu, depending on whether you are deploying to a managed domain or to a stand-alone server, and click "Manage deployments" to open the Deployments page.
  2. Click Add. In the resulting wizard, add the JAR file and license for the driver, located in the lib subfolder of the installation directory. Finish the wizard with the defaults, select the driver, and click Enable.
  3. In the Configuration menu, click Subsystems -> Connector -> Datasources. This opens the JDBC Datasources page.
  4. Click Add and, in the resulting wizard, enter a name for the driver and the JNDI name. For example: java:jboss/root/jdbc/GMOMakeShop
  5. Select the driver that you added above.
  6. Enter the JDBC URL and the username and password. The syntax of the JDBC URL is jdbc:gmomakeshop: followed by a semicolon-separated list of connection properties.

    GMO MakeShop に接続するには、MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId が必要です。

    GMO MakeShop へのアクセスの設定

    MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId を取得するには、以下の手順に従ってください。

    • GMO MakeShop には各API のAccessCode が必要です。
    • GMO MakeShop Store Manager にログインし、メニューの[ショップ作成]をクリックします。
    • 左ナビゲーションメニューの[外部システム連携]から任意の連携対象設定ををクリックします(メニューに表示されない場合は別途GMO MakeShop にご確認ください)。
    • 商品データ連携設定の場合:認証コードの[発行]ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。
    • 注文データ連携設定の場合:最初に[注文情報参照]と[注文情報変更]の設定を選択します。選択後、認証コードの[発行]ボタンをクリックし、OrdersAccessCode を取得します。
    • 会員データ連携設定の場合:最初に[会員情報の(参照・登録・変更・削除)]の設定を選択します。選択後、認証コードの[発行]ボタンをクリックし、MembersAccessCode を取得します。
    • 会員認証連携設定の場合:認証コードの[発行]ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。

    GMO MakeShop アカウントの認証

    次の接続プロパティを設定して接続します。

    • ShopId:接続先のGMO MakeShop Store ID を設定。GMO MakeShop Store ID はログイン用の ID と同じです。
    • OrdersAccessCode:[注文データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • ProductsAccessCode:[商品データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Products テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • MembersAccessCode:[会員データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Members テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • MemberAuthenticationCode:[会員認証連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは MemberAuthenticationConfirm を実行する場合に必要です。
    • Password:GMO MakeShop Store Manager のログインユーザーのパスワードを指定。このプロパティは ProductCategoryRegistrationOrModification,ProductMemberGroupPriceRegistrationOrModification,ProductOptionRegistrationOrModification,ProductRegistrationOrModification を実行する場合に必要です。

    A typical connection string is below:

    jdbc:gmomakeshop:ShopId=MyShopId;ProductsAccessCode=MyProductsAccessCode;MembersAccessCode=MyMembersAccessCode;OrdersAccessCode=MyOrdersAccessCode;
  7. Test the connection and finish the wizard. Select the GMO MakeShop data source and click Enable.

More JBoss Integration

The steps above show how to configure the driver in a simple connection pooling scenario. For more information, refer to the Data Source Management chapter in the JBoss EAP documentation.

 
 
ダウンロード