MicroStrategy でのCData JDBC Driver for GMO MakeShop の使用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

GMO MakeShop JDBC Driver

在庫、商品、受注などのGMO MakeShop アカウントデータを組み込んだ強力なJava アプリケーションを迅速に作成して配布できます。



CData JDBC Driver for GMO MakeShop を使用してMicroStrategy Developer のGMO MakeShop に接続します。

MicroStrategy は、データ主導のイノベーションを可能にする、モビリティプラットフォームです。MicroStrategy をCData JDBC Driver for GMO MakeShop とペアリングすると、MicroStrategy からライブGMO MakeShop へのデータベースのようなアクセスが得られ、レポート機能と分析機能が拡張されます。この記事では、MicroStrategy Developer でGMO MakeShop のデータベースインスタンスを作成し、GMO MakeShop のWarehouse Catalog を作成します。

CData JDBC ドライバーは、ドライバーに組み込まれた最適化されたデータ処理により、MicroStrategy でライブGMO MakeShop と対話するための圧倒的なパフォーマンスを提供します。MicroStrategy からGMO MakeShop に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作をGMO MakeShop に直接プッシュし、組み込みSQL エンジンを利用して、サポートされていない操作(一般的にはSQL 関数とJOIN 操作) をクライアント側で処理します。組み込みの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブのMicroStrategy データタイプを使用してGMO MakeShop を視覚化および分析できます。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

MicroStrategy Developer のGMO MakeShop に接続

CData JDBC Driver for GMO MakeShop に基づくデータベースインスタンスを追加することにより、MicroStrategy Developer のGMO MakeShop に接続できます。* 開始する前に、MicroStrategy Developer のインスタンスが接続されているMicroStrategy Intelligence Server をホストとするマシンにJDBC Driver for GMO MakeShop をインストールする必要があります。

  1. MicroStrategy Developer を開き、[Project Source]を選択します。
  2. [Administration]->[Configuration Managers]->[Database Instances]と進み、右クリックして新しいインスタンスを追加します。
  3. インスタンスに名前を付け、データベース接続タイプとしてGeneric DBMS を選択し、新しいデータベース接続を作成します。
  4. データベース接続ウィザードで接続に名前を付け、新しいデータベースログイン名を作成してGMO MakeShop のユーザーとパスワードを設定します。
  5. 接続ウィザードの[Advanced]タブで、追加の接続文字列パラメータを以下のように設定します。
    • JDBC キーワードを接続文字列に追加します。
    • MSTR_JDBC_JAR_FOLDER をJDBC ドライバーのJAR ファイルを含むディレクトリのパスに設定します。(C:\Program Files\CData JDBC Driver for GMO MakeShop\lib\ on Windows.)
    • DRIVER をドライバークラスであるcdata.jdbc.gmomakeshop.GMOMakeShopDriver に設定します。
    • URL をGMO MakeShop ドライバーのJDBC URL に設定します。これには、必要な接続プロパティが含まれています。

      GMO MakeShop に接続するには、MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId が必要です。

      GMO MakeShop へのアクセスの設定

      MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId を取得するには、以下の手順に従ってください。

      • GMO MakeShop には各API のAccessCode が必要です。
      • GMO MakeShop Store Manager にログインし、メニューの「ショップ作成」をクリックします。
      • 左ナビゲーションメニューの「外部システム連携」から任意の連携対象設定ををクリックします(メニューに表示されない場合は別途GMO MakeShop にご確認ください)。
      • 商品データ連携設定の場合:認証コードの「発行」ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。
      • 注文データ連携設定の場合:最初に「注文情報参照」と「注文情報変更」の設定を選択します。選択後、認証コードの「発行」ボタンをクリックし、OrdersAccessCode を取得します。
      • 会員データ連携設定の場合:最初に「会員情報の(参照・登録・変更・削除)」の設定を選択します。選択後、認証コードの「発行」ボタンをクリックし、MembersAccessCode を取得します。
      • 会員認証連携設定の場合:認証コードの「発行」ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。

      GMO MakeShop アカウントの認証

      次の接続プロパティを設定して接続します。

      • ShopId:接続先のGMO MakeShop Store ID を設定。GMO MakeShop Store ID はログイン用の ID と同じです。
      • OrdersAccessCode:「注文データ連携設定」から取得した「認証コード」を設定。このプロパティは Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
      • ProductsAccessCode:「商品データ連携設定」から取得した「認証コード」を設定。このプロパティは Products テーブルにアクセスする場合に必要です。
      • MembersAccessCode:「会員データ連携設定」から取得した「認証コード」を設定。このプロパティは Members テーブルにアクセスする場合に必要です。
      • MemberAuthenticationCode:「会員認証連携設定」から取得した「認証コード」を設定。このプロパティは MemberAuthenticationConfirm を実行する場合に必要です。
      • Password:GMO MakeShop Store Manager のログインユーザーのパスワードを指定。このプロパティは ProductCategoryRegistrationOrModification,ProductMemberGroupPriceRegistrationOrModification,ProductOptionRegistrationOrModification,ProductRegistrationOrModification を実行する場合に必要です。

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、GMO MakeShop JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.gmomakeshop.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      JDBC URL を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

    以下は、一般的な追加の接続文字列プロパティです。

    JDBC;MSTR_JDBC_JAR_FOLDER=PATH\TO\JAR\;DRIVER=cdata.jdbc.gmomakeshop.GMOMakeShopDriver;URL={jdbc:gmomakeshop:ShopId=MyShopId;ProductsAccessCode=MyProductsAccessCode;MembersAccessCode=MyMembersAccessCode;OrdersAccessCode=MyOrdersAccessCode;};
  6. ODBC データソースが選択されていないことを確認し、(これによりMicroStrategy がトリガーされ、追加の接続文字列パラメータを使用してデータベースインスタンスが構築されます)[OK]をクリックします。
  7. [OK]をクリックし、データベースインスタンスウィザードを閉じます。
  8. [Project Source]でプロジェクトを右クリックし、[Project configuration]を開きます。
  9. [Database Instances]に移動し、新しく作成したデータベースインスタンスを選択して[OK]をクリックします。
  10. MicroStrategy Developerを閉じ、接続されたMicroStrategy Intelligence Server を再起動してデータベースインスタンスの作成を完了します。

データベースインスタンスを構成すると、Warehouse Catalog およびData Import からGMO MakeShop に接続できるようになります。

Warehouse Catalog からGMO MakeShop データに接続する

JDBC Driver for GMO MakeShop に基づいてデータベースインスタンスを作成すると、Warehouse Catalog のデータに接続できます。

  1. プロジェクトを選択し、[Schema]->[Warehouse Catalog]をクリックします。
  2. [Read Settings for the Catalog]で[Settings]をクリックし、スキーマを取得するためのクエリを設定します。
    • テーブルのリストを取得するには、以下のクエリを使用します。 SELECT * FROM SYS_TABLES
    • 選択したテーブルの例のリストを取得するには、以下のクエリを使用します。 SELECT DISTINCT CatalogName NAME_SPACE, TableName TAB_NAME, ColumnName COL_NAME, DataTypeName DATA_TYPE, Length DATA_LEN, NumericPrecision DATA_PREC, NumericScale DATA_SCALE FROM SYS_TABLECOLUMNS WHERE TableName IN (#TABLE_LIST#) ORDER BY 1,2,3
  3. プロジェクトで使用するテーブルを選択します。

MicroStrategy のCData JDBC Driver for GMO MakeShop を使用すると、GMO MakeShop で安定したビジュアライズとレポートを簡単に作成できます。詳細については、MictroStrategy でのGMO MakeShop への接続MicroStrategy Desktop でのGMO MakeShop への接続 に関するほかの記事をお読みください。


NoteJDBC Driver を使用して接続するには、3層から4層のアーキテクチャが必要です。