今すぐお試しください!

製品の詳細CData SSIS Components for GMO MakeShop を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Import GMO MakeShop Data into SQL Server using SSIS

Easily back up GMO MakeShop data to SQL Server using the SSIS components for Salesforce.

Using SQL Server as a backup for critical business data provides an essential safety net against loss. Backing up data to SQL Server enables business users to more easily connect that data with features like reporting, analytics, and more.

This example demonstrates how to use the CData SSIS Tasks for GMO MakeShop inside of a SQL Server SSIS workflow to transfer GMO MakeShop data into a Microsoft SQL Server database.

Add the Components

To get started, add a new GMO MakeShop source and SQL Server ADO.NET destination to a new data flow task.

Create a New Connection Manager

Follow the steps below to save GMO MakeShop connection properties in a connection manager.

  1. In the Connection Manager window, right-click and then click New Connection. The Add SSIS Connection Manager dialog is displayed.
  2. In the Connection Manager type menu, select GMOMakeShop. The CData GMO MakeShop Connection Manager is displayed.
  3. Configure connection properties. A typical connection requires:
    • ShopId
    • ProductsAccessCode
    • MembersAccessCode
    • OrdersAccessCode

    GMO MakeShop に接続するには、MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId が必要です。

    GMO MakeShop へのアクセスの設定

    MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId を取得するには、以下の手順に従ってください。

    • GMO MakeShop には各API のAccessCode が必要です。
    • GMO MakeShop Store Manager にログインし、メニューの[ショップ作成]をクリックします。
    • 左ナビゲーションメニューの[外部システム連携]から任意の連携対象設定ををクリックします(メニューに表示されない場合は別途GMO MakeShop にご確認ください)。
    • 商品データ連携設定の場合:認証コードの[発行]ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。
    • 注文データ連携設定の場合:最初に[注文情報参照]と[注文情報変更]の設定を選択します。選択後、認証コードの[発行]ボタンをクリックし、OrdersAccessCode を取得します。
    • 会員データ連携設定の場合:最初に[会員情報の(参照・登録・変更・削除)]の設定を選択します。選択後、認証コードの[発行]ボタンをクリックし、MembersAccessCode を取得します。
    • 会員認証連携設定の場合:認証コードの[発行]ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。

    GMO MakeShop アカウントの認証

    次の接続プロパティを設定して接続します。

    • ShopId:接続先のGMO MakeShop Store ID を設定。GMO MakeShop Store ID はログイン用の ID と同じです。
    • OrdersAccessCode:[注文データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • ProductsAccessCode:[商品データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Products テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • MembersAccessCode:[会員データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Members テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • MemberAuthenticationCode:[会員認証連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは MemberAuthenticationConfirm を実行する場合に必要です。
    • Password:GMO MakeShop Store Manager のログインユーザーのパスワードを指定。このプロパティは ProductCategoryRegistrationOrModification,ProductMemberGroupPriceRegistrationOrModification,ProductOptionRegistrationOrModification,ProductRegistrationOrModification を実行する場合に必要です。

Configure the GMO MakeShop Source

Follow the steps below to specify the query to be used to extract GMO MakeShop data.

  1. Double-click the GMO MakeShop source to open the source component editor.
  2. In the Connection Manager menu, select the connection manager previously created.
  3. Specify the query to use for the data extraction. This article retrieves all records from the Products table with the following query: SELECT * FROM Products
  4. Close the GMO MakeShop Source control and connect it to the ADO.NET Destination.

Configure the SQL Server Destination

Follow the steps below to specify the SQL server table to load the GMO MakeShop data into.

  1. Open the ADO.NET Destination and add a New Connection. Enter your server and database information here.
  2. In the Data access mode menu, select "table or view".
  3. In the Table Or View menu, select the table or view to populate.
  4. Configure any properties you wish to on the Mappings screen.

Run the Project

You can now run the project. After the SSIS Task has finished executing, your database will be populated with GMO MakeShop data.

 
 
ダウンロード