MotionBoard からGoogle Cloud Storage データに連携してダッシュボードを作成

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

CData Connect



国産BI のMotionBoard からCData Connect Cloud を使ってGoogle Cloud Storage データにリアルタイム連携するレポートを作成。

MotionBoard は、ウイングアーク1st 社が提供する人気のBI ダッシュボードツールです。この記事ではMotionBoard で、Google Cloud Storage データをCData Connect を通じてシームレスに統合利用する方法を説明します。

CData Connect Cloud (旧CloudHub)は、SaaS ベースで提供されるデータハブサービスです。Salesforce、Dynamics、Zoho CRM、NetSuite、Marketo、kintone など多様なSaaS にBI、アナリティクス、iPaaS、ノーコード開発プラットフォームからアクセスするための仮想エンドポイントです。連携方法が異なるSaaS をMySQL、SQL Server、OData の3種類のインターフェースに仮想化することで、データ連携をシンプルに実現します。この記事では、Google Cloud Storage のデータを仮想MySQL エンドポイントして利用します。

CData Connect Cloud でGoogle Cloud Storage のMySQL仮想インスタンスを作成

CData Connect のアカウントを取得します。CData Connect はSaaS ですので、アカウントを取得したらインストールやホスティングなどなく、ブラウザからログインすることですぐに使用開始です。

ブラウザからCData Connect にログインします。まずはじめに、MySQL仮想インスタンスにアクセスできるデータベースのユーザを作成します。「USERS」タブからユーザーを作成してパスワードを設定します。

次に「DATABASE」タブからデータベースを設定していきます。まずは接続するデータソースのアイコンをクリックします。本手順では、Google Cloud Storage を選択します。

データソース接続画面が開くので、Google Cloud Storage のロゴを選択して、データソース毎の認証情報を入力します。 Google Cloud Storage への接続に必要なプロパティを入力してください。

ユーザーアカウントでの認証

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

サービスアカウントでの認証

サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
  • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
  • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
  • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
  • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
  • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
  • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
  • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

次に「ENDPOINTS」タブで、このデータをどのインターフェースのエンドポイントして公開するかを選択します。デフォルトで、OData、MySQL wire protocol、TDS(SQL Server) wire Protocol がすべて有効になっています。今回はMySQL エンドポイントを利用します。必要があればアクセスを許可する信頼されたIP アドレスを指定することも可能です。

このようにノーコードでGoogle Cloud Storage のMySQL仮想インスタンスを公開できました。接続の確認をする場合には、MySQL Workbench などMySQL のクライアントから接続を試してみてください。

MotionBoard からGoogle Cloud Storage データに接続してダッシュボードを作成

MotionBoardの「システム設定 → 接続/認証 → 外部接続」から新しい外部接続を作成します。ここでのポイントは、接続先タイプはMySQL を選択します。

  • 外部接続名:任意(例:CDataConnect)
  • 接続先タイプ:MySQL
  • 中継サービス:使用しない

外部接続の基本情報タブにて以下内容をセットします。

  • 外部接続名:任意(例:CDataConnect)
  • 接続先タイプ:MySQL
  • 接続先タイプ:MySQL5.1(JDBC)
  • 中継サービス:使用しない
  • サーバー名:XXXXX.cdatacloud.net (「ENDPOINTS」タブから参照可能なMySQL仮想インスタンスのホスト名)
  • ポート : 「ENDPOINTS」タブから参照可能なMySQL仮想インスタンスのポート番号 (例:3306)
  • データベース名 : 「DATABASE」タブで参照可能なデータベース名 (例:Google Cloud Storage1)
  • 文字コード : UTF8
  • ユーザー名 : 「USERS」タブで作成したMySQL仮想インスタンスのデータベース ユーザー
  • パスワード : 「USERS」タブで作成したMySQL仮想インスタンスのデータベース ユーザーのパスワード
基本情報エリアの最下部に「接続確認」ボタンをクリックして外部接続の確認が取れることを確認します。

「データソース」タブを開き、Google Cloud Storage 内のテーブルが一覧に表示されることを確認できます。ここまで確認できたら「保存」ボタンで外部接続定義を保存して閉じます。

「ボード新規作成」から新しいボードを作成します。

アイテムウィザードのDS1の接続先に上記の外部接続定義で作成した接続(本例では Cdata Connect)を選択します。次に、左側のデータベースにGoogle Cloud Storage のテーブルリストが表示されますので、使用するテーブルを選択します。右側にDealsテーブル内のデータがプレビューされます。

ウィザードを次に進み、作成するアイテムにチャートを選択して、「次へ」をクリックします。データソース エディタが起動します。左側の項目一覧から可視化したい項目を行項目・列項目・集計項目にセットします。もうRDB やCSV などのデータソースを扱う場合と同じ操作でビジュアライズを作成できます。あとは、おすすめチャートから適切なチャート種類を選択します。

是非、CData Connect Cloud の試用版で、MotionBoard からGoogle Cloud Storage へのシンプルかつパワフルな連携をお試しください。