CDATAQUERY 関数を使って、Excel スプレッドシートにGoogle Cloud Storage を自動挿入

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Excel Add-In for Google Cloud Storage

Google Cloud Storage Excel Add-In は、Microsoft Excel からライブなGoogle Cloud Storage データに直接接続できる強力なツールです。

Excel を使用して、Google Cloud Storage のバケットやオブジェクトなどにアクセスできます。Excel での一括エクスポート、データ分析などに最適!

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

CDATAQUERY 関数を使ってデータ、スプレッドシートの任意のセルにGoogle Cloud Storage データを自動挿入、編集、削除が可能に。



CData Excel Add-In for Google Cloud Storage の関数を使って、スプレッドシートにデータを取り込むことができます。下記の3つの手順では、次のタスクを自動化する方法について説明します:ユーザー定義の値でGoogle Cloud Storage を検索し、その結果をExcel スプレッドシートに出力します。

CDATAQUERY 関数の構文は次のとおりです: =CDATAQUERY(Query, [Connection], [Parameters], [ResultLocation]);

この関数に入力する値は以下の3つです:

  • Query:取得したいGoogle Cloud Storage data レコードの宣言修正を簡単な構文で記述。
  • Connection:GoogleCloudStorageConnection1 のような接続名、もしくは接続文字列を入力。接続文字列は、Google Cloud Storage への接続に必要なプロパティのセミコロン区切りとなります。一般的な接続文字列は次のとおりです:
    • ProjectId

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: 「サービスアカウント」セクションで「サービスアカウントの管理」をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

  • ResultLocation:結果のアウトプットを開始するセル。

スプレッドシートのセルをクエリのインプットとして渡す

下記の処理では、すべての関数インプットをひとつ目のカラムでオーガナイズするスプレッドシートができます。

  1. 関数をインプットするセルを定義します。接続インプットに加えて、Name のように、Google Cloud Storage の検索に使われるフィルタ用の基準を定義する追加のインプットを入力します。
  2. 別のセルに、上で定義したユーザーインプットセルからセルの値を参照する関数を書きます。住所などスペースを含む可能性のある値は、シングルクオートで囲みます。
  3. =CDATAQUERY("SELECT * FROM Buckets WHERE Name = '"&B2&"'","ProjectId="&B1&";Provider=GoogleCloudStorage",B3)
  4. フィルタを変更してデータを変更します。