Excel データをGoogle Cloud Storage に移行

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Excel Add-In for Google Cloud Storage

Google Cloud Storage Excel Add-In は、Microsoft Excel からライブなGoogle Cloud Storage データに直接接続できる強力なツールです。

Excel を使用して、Google Cloud Storage のバケットやオブジェクトなどにアクセスできます。Excel での一括入力・一括編集、データクレンジング & 重複削除や、データ分析などに最適!



この記事では、Excel Add-In for Google Cloud Storage をつかって、Excel からデータを Google Cloud Storage に移行する方法を説明します。

CData Excel Add-In for Google Cloud Storage を使えば、Excel から直接Google Cloud Storage への編集や保存が可能になります。この記事では、Excel から Google Cloud Storage にデータを移行する方法を説明します。 Google Cloud Storage のデータを一度Excel にエクスポートして編集・データソースの一括更新を行えるだけではなく、Excel スプレッドシートに保存されているデータを一括でGoogle Cloud Storage にインポートすることも可能です。 今回の記事では、Buckets テーブルを使います。同じことが、CData Excel Add-In で取得できるすべてのテーブルに対して実行可能です。


接続の確立

Google Cloud Storage への接続には、Excel Add-in をインストールしたExcel の[CDATA]タブ→[Google Cloud Storage]アイコンをクリックします。

ユーザーアカウントでの認証

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

サービスアカウントでの認証

サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
  • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
  • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
  • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
  • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
  • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
  • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
  • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

Google Cloud Storage データの取得

Google Cloud Storage にデータを挿入するには、まず該当するGoogle Cloud Storage のテーブルを取得します。これによりExcel スプレッドシートとGoogle Cloud Storage のテーブルが連携した状態になります。取得したテーブルに対し変更、もしくは追加した部分は文字が赤でハイライトされます。

  1. CData リボンからGoogle Cloud Storage ボタンをクリックします。データ選択ウィザードが表示されます。
  2. テーブルもしくはビューメニューから、Buckets テーブルを選択します。
  3. [最大行数]に、取得したい最大行数を入力します。データの一括入力だけが目的の場合は1行だけを取得すれば十分です。リクエストどおりにクエリ欄にSQL クエリが表示されます。
  4. [シート名]に作成されるシートの名前を入力します。デフォルトでは、取得するテーブル名が新しいシート名になります。