シンプルなVCL Application for Google Cloud Storage データの構築

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage FireDAC Components

Google Cloud Storage への双方向連携により、Google Cloud Storage 内のデータの検索、更新がDelphi およびC++Builder アプリケーションから可能に。



CData FireDAC Components for Google Cloud Storage を使用し、RAD Studio でGoogle Cloud Storage を表示するシンプルなVCL Application を構築する方法

Embarcadero RAD Studio は、Delphi およびC++Builder アプリケーション用の開発環境を提供します。CData FireDAC Components for Google Cloud Storage を利用してRAD Studio 内のライブGoogle Cloud Storage にアクセスし、データの取得の両方に使用できるテーブル、ビュー、ストアドプロシージャにデータを抽象化します。この記事では、Google Cloud Storage への接続と、フォームデザイナを使用した簡単なVCL アプリケーションの作成について説明します。

VCL Application for Google Cloud Storage データを作成する

以下の手順では、、シンプルなVCL フォームアプリケーションを作成する方法を示しています。これにより、フォームデザイナを使用し、任意のアプリケーションからGoogle Cloud Storage に接続するために必要である基本的なFireDAC オブジェクトを示すことができます。

次の例では、TDBGrid コントロールを設定します。

  1. 新しいVCL フォームアプリケーションを作成します。
  2. TFDPhysGoogleCloudStorageDriverLink およびTFDConnection オブジェクトをフォームにドロップします。
  3. TFDConnection オブジェクトをダブルクリックします。[FireDAC Connection Editor]が表示されます。[DriverId]メニューの[CData.GoogleCloudStorage]を選択し、接続プロパティを構成します。

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

  4. TFDQuery オブジェクトをフォームにドロップし、以下のプロパティを設定します。

    • 接続 - オブジェクトが未指定の場合、このプロパティをTFDConnection オブジェクトに設定します。
    • SQL - SQL プロパティのボタンをクリックし、クエリを入力します。
    • アクティブ - このプロパティをtrue に設定します。
  5. TDataSource オブジェクトをフォームにドロップし、以下のプロパティを設定します。

    • データセット - このプロパティのメニューで、TFDQuery オブジェクトの名前を選択します。
  6. TDBGrid オブジェクトをフォームにドロップし、以下のプロパティを設定します。

    • データソース - TDataSource の名前を選択します。
  7. TFDGUIxWaitCursor をフォームにドロップします。これは、実行時のエラーを回避するために必要です。

これで、TFDQuery オブジェクトに設定されたSQL クエリの結果を表示する、実行可能なアプリケーションが構築されます。