Birst でGoogle Cloud Storage Data のビジュアライゼーションを構築

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage JDBC Driver

Google Cloud Storage データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



CData JDBC Driver for Google Cloud Storage とBirst クラウドエージェントを使用して、Birst でGoogle Cloud Storage data のリアルタイムの視覚化を構築します。

Birst は、組織が複雑なプロセスを迅速に理解し、最適化することを支援するクラウドビジネスインテリジェンス(BI)ツールおよび分析プラットフォームです。CData JDBC Driver for Google Cloud Storage と組み合わせると、Birst Cloud Agent を経由してリアルタイムGoogle Cloud Storage data に接続し、ビジュアライズを構築できます。ここでは、Cloud Agent を使用してGoogle Cloud Storage に連携し、Birst で動的レポートを作成する方法を段階的に説明します。

強力なデータ処理機能により、CData JDBC Driver はBirst のGoogle Cloud Storage data 操作に高いパフォーマンスを提供します。Birst からGoogle Cloud Storage への複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作を直接Google Cloud Storage にプッシュし、組込みSQL エンジンを利用してクライアント側でサポートしない操作を処理します。組み込みの動的メタデータクエリにより、JDBC ドライバーはネイティブのBirst データ型を使用してGoogle Cloud Storage data を視覚化および分析することを可能にします。


※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Birst でGoogle Cloud Storage Data へのJDBC 接続を設定

Birst プロジェクトを作成する前に、JDBC Driver を操作するためのBirst Cloud Agent をインストールする必要があります。また、JDBC ドライバーのJAR ファイル(および存在する場合はLIC ファイル)をCloud Agent のインストール場所の/drivers/ ディレクトリにコピーします。

ドライバーとCloud Agent のインストールが完了したら、開始できます。

  1. Birst で新しいプロジェクトを作成します。
  2. 接続に名前を付けます。(e.g. CDataGoogleCloudStorage)
  3. Live Access を選択します。
  4. エージェントを選択します。
  5. Database Type をOther に設定します。
  6. SQL タイプをMSSQL に設定します。
  7. 接続文字列を設定します。

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

    ビルトイン接続文字列デザイナー

    JDBC URL の構成については、Google Cloud Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    JDBC URL を構成する際、Max Rows 接続プロパティを設定することもできます。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

    以下はGoogle Cloud Storage の一般的なJDBC 接続文字列です。

    jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH
  8. Driver Name cdata.jdbc.googlecloudstorage.GoogleCloudStorageDriver を設定し、[Save]をクリックします。

NOTE Google Cloud Storage への認証は接続文字列に管理されるため、[Security Credentials]は空白でも問題ありません。

Google Cloud Storage Data オブジェクトを設定

接続が構成されたら、データセットのスキーマを構成し、ビジュアライズするテーブル、ビュー、そしてカラムを選択することができるようになります。

  1. スキーマを選択します。 (e.g. GoogleCloudStorage)
  2. [Tables]や[Views]をクリックしてこれらのエンティティに接続し、[Apply]をクリックします。
  3. アクセスする[Tables]と[Columns]を選択し、[Done]をクリックします。

オブジェクトが構成されたら、Pronto Prepare and Relate ツールを用いて、データ準備の実行やデータのリレーションを検出できるようになります。

ビジュアライゼーションを構築

データを準備し、接続されたオブジェクト間のリレーションを定義することで、ビジュアライゼーションを構築することができるようになります。

  1. メニューから、Visualizer ツールを選択します。
  2. オブジェクトからMeasures & Categories を選択します。
  3. 選択したMeasure(s) に適切なビジュアライゼーションを選択し、構成します。

CData JDBC Driver for Google Cloud Storage をCloud Agent やBirst とともに用いることにより、Google Cloud Storage で簡単に堅牢なビジュアライゼーションとレポートを作成できます。無料の30日間トライアルをダウンロードし、Birst ビジュアライゼーションの構築を開始してください。