BIRT Reports をGoogle Cloud Storage データ でデザイン

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage JDBC Driver

Google Cloud Storage データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



現在のGoogle Cloud Storage を組み込み型アナリティクスに提供します。

CData JDBC Driver for Google Cloud Storage は、Google Cloud Storage APIs への接続をデータドリブンJava アプリケーションに統合します。CData JDBC Driver for Google Cloud Storage をBIRT (Business Intelligence Reporting Tools) のプラットホームで使用することで、リアルタイムでデータの変更を反映するBIRT レポートを作成できます。

  1. Eclipse 用のBIRT Framework プラグインとDatabase Development プラグインをインストールします。
  2. [File]->[New]->[Report]と進みます。[Report Design perspective]が表示されます。
  3. [Data Explorer]で[Data Sources]を右クリックし、[New Data Source]をクリックします。
  4. [Following List]オプションから[Create from Data Source Type]を選択し、[JDBC Data Source]を選択します。
  5. [Manage Drivers]をクリックし、インストールフォルダのlib サブフォルダにあるドライバーのJAR を追加します。
  6. [Database URL]ボックスに、接続文字列を含む[JDBC URL]を入力します。

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、Google Cloud Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    JDBC URL を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

    以下は一般的なJDBC URL です。

    jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH
  7. [Data Sets]フォルダを右クリックし、[JDBC data source for Google Cloud Storage]を選択します。
  8. 表示されるダイアログで、レポートのデータを取得するために使用するSELECT クエリを構築します。この記事では、以下のクエリを用います。 SELECT Name, OwnerId FROM Buckets WHERE Name = 'TestBucket'
  9. [Palette]で、[Chart]をエディタにドラッグします。[Chart]ウィザードが表示されます。
  10. チャートタイプを選択した後、[Select Data]タブのチャートフィールドにカラムをドラッグします。
  11. [Run]->[View Report]->[In Web Viewer]とクリックして、レポートを表示します。

これによって、BIRT レポートがGoogle Cloud Storage の更新をすべて取得できるようになります。

レポートをアプリケーションサーバーに公開するには、ドライバーのJAR をBIRT Viewer のクラスパスに追加します。より詳しい説明は、Java アプリケーションサーバーにJDBC Driver をデプロイする方法について、CData KB を参照してください。