Java のGoogle Cloud Storage データエンティティを使用したObject-Relational Mapping (ORM)

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage JDBC Driver

Google Cloud Storage データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



Object-relational mapping (ORM) 技術により、リレーショナルデータソースの操作が容易になり、論理的なビジネスモデルと物理的なストレージモデルを橋渡しすることができます。このチュートリアルに従って、Google Cloud Storage への接続をJava ベースのORM フレームワークであるHibernate に連携します。

Hibernate を使用することで、オブジェクト指向のドメインモデルを従来のリレーショナルデータベースにマッピングすることができます。以下のチュートリアルでは、CData JDBC Driver for Google Cloud Storage を使用し、Hibernate でGoogle Cloud Storage リポジトリのORM を生成する方法を説明します。

この記事を通してEclipse がIDE として選択されていますが、CData JDBC Driver for Google Cloud Storage はJava Runtime Environment をサポートするすべての 製品で機能します。Knowledge Base には、IntelliJ IDEA やNetBeans からGoogle Cloud Storage に接続するためのチュートリアルがあります。

Hibernate をインストール

以下のステップに従って、Eclipse にHibernate プラグインをインストールします。

  1. Eclipse で、[Help]->[Install New Software]と進みます。
  2. Work With ボックスに[http://download.jboss.org/jbosstools/neon/stable/updates/] と入力します。
  3. フィルタボックスに、[Hibernate]と入力します。
  4. [Hibernate Tools]を選択します。

新しいプロジェクトを開始

以下のステップに従って、新しいプロジェクトにドライバーJARs を追加します。

  1. 新しいプロジェクトを作成します。プロジェクトタイプとして[Java Project]を選択し、[Next]をクリックします。プロジェクト名を入力し、[Finish]をクリックします。
  2. [project]を右クリックし、[Properties]を選択します。[Java Build Path]をクリックし、[Libraries]タブを開きます。
  3. [Add External JARs]をクリックし、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるcdata.jdbc.googlecloudstorage.jar ライブラリを追加します。

Hibernate 構成ファイルを追加

以下のステップに従って、Google Cloud Storage に接続プロパティを構成します。

  1. [new project]で右クリックし、[New]->[Hibernate]->[Hibernate Configuration File (cfg.xml)]と進みます。
  2. 親フォルダとして[src]を選択し、[Next]をクリックします。
  3. 以下の値をインプットします。

    • Hibernate version:5.2
    • Database dialect:Derby
    • Driver class: cdata.jdbc.googlecloudstorage.GoogleCloudStorageDriver
    • Connection URL:jdbc:googlecloudstorage: で始まり、セミコロンで区切られた接続プロパティのリストが続くJDBC URL

      ユーザーアカウントでの認証

      ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

      接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

      サービスアカウントでの認証

      サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

      このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

      • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
      • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
      • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
      • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
      • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
      • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
      • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
      • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

      これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、Google Cloud Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      以下は一般的なJDBC URL です。

      jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH

Hibernate のGoogle Cloud Storage データへの接続

以下のステップに従って、前の手順で作成した構成を選択します。

  1. [Window]->[Open Perspective]->[Hibernate]と進み、Hibernate Configurations パースペクティブに切り替えます。
  2. [Hibernate Configurations]パネルで右クリックし、[Add Configuration]を選択します。
  3. Hibernate version を5.2に設定します。
  4. [Browse]ボタンをクリックし、[project]を選択します。
  5. [Configuration file]フィールドで、[Setup]->[Use Existing]とクリックし、(このデモのsrc フォルダー内にある)hibernate.cfg.xml ファイルを選択します。
  6. [Classpath tab]で、[User Entries]の下に何もなかった場合、[Add External JARS]をクリックしてドライバーjar をもう一度追加します。構成が完了したら、[OK]をクリックします。
  7. 新しく作成されたHibernate 構成ファイルのDatabase node を展開します。

Google Cloud Storage データをリバースエンジニアリング

以下のステップに従って、reveng.xml 構成ファイルを生成します。アクセスするテーブルをオブジェクトとして指定します。

  1. Package Explorer に戻ります。
  2. プロジェクトを右クリックし、[New]->[Hibernate]->[Hibernate Reverse Engineering File (reveng.xml)]と進みます。[Next]をクリックします。
  3. 親フォルダとして[src]を選択し、[Next]をクリックします。
  4. [Console configuration drop-down]メニューで、上で作成した[Hibernate configuration]ファイルを選択し、[Refresh]をクリックします。
  5. ノードを展開し、リバースエンジニアリングするテーブルを選択します。完了したら、[Finish]をクリックします。

実行するためのHibernate を構成

以下のステップに従って、plain old Java objects (POJO) をGoogle Cloud Storage テーブルに生成します。

  1. メニューバーから、[Run]->[Hibernate Code Generation]->[Hibernate Code Generation Configurations]と進みます。
  2. [Console configuration drop-down]メニューで、前のセクションで作成した[Hibernate configuration]ファイルを選択します。Output ディレクトリで[Browse]をクリックし、src を選択します。
  3. [JDBC Connection]チェックボックスから[Reverse Engineer]を有効にします。[Setup]ボタンをクリックし、[Use Existing]をクリックして(このデモのsrcフォルダ内にある) hibernate.reveng.xml ファイルの場所を選択します。
  4. [Exporters]タブで[Domain code (.java)]と[Hibernate XML Mappings (hbm.xml)]をチェックします。
  5. [Run]をクリックします。

POJO は、前のステップのリバースエンジニアリング設定に基づいて作成されます。

マッピングタグを挿入

生成したマッピングごとにhibernate.cfg.xml にマッピングタグを作成し、Hibernate がマッピングリソースを指定するようにする必要があります。hibernate.cfg.xml を開き、次のようにマッピングタグを挿入します。

cdata.googlecloudstorage.GoogleCloudStorageDriver jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH org.hibernate.dialect.SQLServerDialect

SQLを実行

前の手順で作成したエンティティを使用して、Google Cloud Storage のsearchを行うことができます。 import java.util.*; import org.hibernate.Session; import org.hibernate.cfg.Configuration; import org.hibernate.query.Query; public class App { public static void main(final String[] args) { Session session = new Configuration().configure().buildSessionFactory().openSession(); String SELECT = "FROM Buckets B WHERE Name = :Name"; Query q = session.createQuery(SELECT, Buckets.class); q.setParameter("Name","TestBucket"); List<Buckets> resultList = (List<Buckets>) q.list(); for(Buckets s: resultList){ System.out.println(s.getName()); System.out.println(s.getOwnerId()); } } }