JDBI からGoogle Cloud Storage Data のデータアクセスオブジェクトを作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage JDBC Driver

Google Cloud Storage データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



JDBI でGoogle Cloud Storage data 用のSQL オブジェクトAPIを作成する方法を概説します。

JDBI は、Fluent スタイルとSQL オブジェクトスタイルという2つの異なるスタイルAPI を公開する、Java 用のSQL コンビニエンスライブラリです。CData JDBC Driver for Google Cloud Storage は、Java アプリケーションとリアルタイムGoogle Cloud Storage data のデータ連携を実現します。これらの技術を組み合わせることによって、Google Cloud Storage data へのシンプルなコードアクセスが可能になります。ここでは、基本的なDAO(Data Access Object )とそれに付随するGoogle Cloud Storage data の読み書きのためのコードの作成について説明します。

Google Cloud Storage Buckets Entity のDAO を作成

以下のインターフェースは、実装されるSQL ステートメントごとに単一のメソッドを作成するためのSQL オブジェクトの正しい動作を宣言します。

public interface MyBucketsDAO { //request specific data from Google Cloud Storage (String type is used for simplicity) @SqlQuery("SELECT OwnerId FROM Buckets WHERE Name = :name") String findOwnerIdByName(@Bind("name") String name); /* * close with no args is used to close the connection */ void close(); }

Google Cloud Storage への接続を開く

必要な接続プロパティを収集し、Google Cloud Storage に接続するための適切なJDBC URL を作成します。

ユーザーアカウントでの認証

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

サービスアカウントでの認証

サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
  • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
  • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
  • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
  • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
  • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
  • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
  • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

ビルトイン接続文字列デザイナー

JDBC URL の構成については、Google Cloud Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

java -jar cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar

接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

Google Cloud Storage の接続文字列は、通常次のようになります。

jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH

構成済みのJDBC URL を使用して、DAO インターフェースのインスタンスを取得します。以下に示す特定のメソッドはインスタンスにバインドされたハンドルを開くため、ハンドルとバインドされたJDBC 接続を開放するには、インスタンスを明示的に閉じる必要があります。

DBI dbi = new DBI("jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH"); MyBucketsDAO dao = dbi.open(MyBucketsDAO.class); //do stuff with the DAO dao.close();

Google Cloud Storage Data について

Google Cloud Storage への接続を開いた状態で以前定義したメソッドを呼び出すだけで、Google Cloud Storage のBuckets エンティティからデータを取得できます。

//disply the result of our 'find' method String ownerId = dao.findOwnerIdByName("TestBucket"); System.out.println(ownerId);

JDBI ライブラリはJDBC 接続を処理できるため、CData JDBC Driver for Google Cloud Storage と統合することで、SQL Object API for Google Cloud Storage を簡単に作成できます。今すぐ無料トライアルをダウンロードし、Java アプリケーションでライブGoogle Cloud Storage を操作しましょう。