Connect to Google Cloud Storage from a Connection Pool in WebLogic

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage JDBC Driver

Google Cloud Storage データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



Use the CData JDBC Driver for Google Cloud Storage to connect to Google Cloud Storage data from Web applications running on WebLogic.

The CData JDBC Driver for Google Cloud Storage enables you to follow standard procedures to integrate Google Cloud Storage data into Java Web applications. This article shows how to deploy the CData JDBC Driver for Google Cloud Storage in WebLogic server.

Install the JDBC Driver in WebLogic Server

Add the driver JAR and license file to the classpath your application will be using. The .lic file must be located in the same folder as the JAR. These files are located in the lib subfolder of the installation directory.

If you want to add the driver to all domains, add the JAR to the WEBLOGIC_CLASSPATH environment variable. add the following line to the commEnv.cmd/sh script in WL_HOME\common\bin\.

set WEBLOGIC_CLASSPATH=your-installation-directory\lib\cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar;%WEBLOGIC_CLASSPATH%

If you want to add the driver to a specific domain, you will need to add the JAR to the PRE_CLASSPATH environment variable. Add the following line to the setDomainEnv.cmd/sh script in the bin subfolder of the folder for that domain:

set PRE_CLASSPATH=your-installation-directory\lib\cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar;%PRE_CLASSPATH%

Create a JDBC Data Source for Google Cloud Storage

After installing the driver, create the connection.

  1. In the Domain Structure tree, click Services -> Data Sources -> New -> Generic Data Source.
  2. On the JDBC Data Source Properties page, enter the following information:
    • Name: Enter a user-friendly name; for example, googlecloudstoragejdbc.
    • JDBC Name: Enter the path the JDBC data source will be bound to; for example, jdbc/GoogleCloudStorage.
    • Database Type: Select Other.

  3. Click Next to use the default options. On the last page, enter the following information and click Test Configuration:

    • Driver Class Name: Enter the driver class, cdata.jdbc.googlecloudstorage.GoogleCloudStorageDriver, in this property.
    • URL: Enter the JDBC URL. A typical JDBC URL is below:

      jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';

      ユーザーアカウントでの認証

      ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

      接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

      サービスアカウントでの認証

      サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

      このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

      • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
      • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
      • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
      • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
      • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
      • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
      • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
      • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

      これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

    • Database User Name: Enter the username, if not specified in the JDBC URL.
    • Password: Enter the password, if not specified in the JDBC URL.

After selecting the server where you want to deploy the JDBC data source, you can now connect to Google Cloud Storage data.

More WebLogic Integration

The steps above show how configure the driver in a simple connection pooling scenario. For more use cases and information, see the JDBC sections in the WebLogic Data Sources chapter of the Oracle Fusion Middleware documentation.