Clear Analytics でGoogle Cloud Storage Data に連携するグラフを作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage ODBC Driver

Google Cloud Storage ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからGoogle Cloud Storage にデータ連携。

Google Cloud Storage データにデータベースと同感覚でアクセス。



Clear Analytics でGoogle Cloud Storage data に連携したダイナミックチャートを作成し、分析を実施。

CData ODBC Driver for Google Cloud Storage を使えば、Google Cloud Storage に標準ODBC でのアクセスが可能になり、いろいろなBI、レポーティング、ETL ツールからデータ連携が可能になります。本記事では、Microsoft Excel のアドインであるClear Analytics からGoogle Cloud Storage データにODBC データソースとして接続し、クエリ、テーブル、チャート、ピボットテーブルを作成する方法を説明します。

Google Cloud Storage Data への連携


ODBC Data Source Name の設定

If you have not already done so, provide values for the required connection properties in the data source name (DSN). You can use the built-in Microsoft ODBC Data Source Administrator to configure the DSN. This is also the last step of the driver installation. See the "Getting Started" chapter in the help documentation for a guide to using the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure a DSN.

ユーザーアカウントでの認証

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

サービスアカウントでの認証

サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
  • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
  • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
  • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
  • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
  • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
  • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
  • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

When you configure the DSN, you may also want to set the Max Rows connection property. This will limit the number of rows returned, which is especially helpful for improving performance when designing reports and visualizations.

Clear Analytics でのデータソース設定

  1. Open Excel and navigate to the CLEAR ANALYTICS ribbon. Once there, open the Data Manager.
  2. Select Database as the data source.
  3. In the Set Connection section, click the option to create a new database.
  4. Select Microsoft ODBC Data Source as the data source and click OK.
  5. Select the DSN you already configured from the drop-down menu.
  6. Back on the Set Connection section, select Standard (ANSI ODBC) Query Builder as the SQL Builder Provider and click Next.
  7. Select the Schema/Owner and choose the domains (tables) that you wish to use in Clear Analytics.
  8. Prepare your data objects as needed by customizing the display names and descriptions of the tables and columns.
  9. For the vast majority of the CData ODBC Drivers, you will not set a key date for your domains.
  10. In the Domain Relations section, add any relational information between tables.
  11. In the Domain Tree section, create groups for your data and add the available items to the groups.
  12. Review the summary of your data and click Finish.

Google Cloud Storage Data のグラフ作成

You are now ready to create a chart with Google Cloud Storage data.

Create a New Query

  1. Click Repository in the CLEAR ANALYTICS ribbon.
  2. Create a new query.
  3. Select the columns you wish to retrieve.
  4. Set the aggregation type for your data (use the blank entry if you do not wish to aggregate the data).
  5. Set filters and formulas by dragging columns to the lower window.
  6. Name your query and click Save.

BQuery Report のグラフ作成

With the query created, you are now ready to execute a report and display a chart.
  1. Click Report Explorer in the CLEAR ANALYTICS ribbon.
  2. In the Report Explorer pane, click the 'New Report' icon in the toolbar.
  3. Select the query you just created.
  4. Name the report and click 'Save and Execute'.
  5. Click the Results tab within the Report Explorer
  6. Expand your report and drag the chart to the Excel spreadsheet.
  7. In the resulting PivotChart window, drag the fields (columns) to the Filters, Legends, Axis (Categories), and Values windows.

With a new data source in Clear Analytics established and a chart created, you are ready to begin analysis of Google Cloud Storage data. With the ODBC Driver for Google Cloud Storage and Clear Analytics, you can perform self-service analytics in Excel with live data, directly from Google Cloud Storage.