DBxtra で Google Cloud Storage Data に連携するダッシュボードを作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage ODBC Driver

Google Cloud Storage ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからGoogle Cloud Storage にデータ連携。

Google Cloud Storage データにデータベースと同感覚でアクセス。



DBxtra でGoogle Cloud Storage に連携して、ダイナミックダッシュボードでデータを分析。

CData ODBC Driver for Google Cloud Storage は、Google Cloud Storage データを標準SQL で使えるようにし、BI、帳票、ETL ツールからの連携を実現します。本記事では、DBxtra からGoogle Cloud Storage データにGeneric ODBC として接続し、レポートやダッシュボードを作成します。

Google Cloud Storage Data への連携

  1. If you have not already done so, provide values for the required connection properties in the data source name (DSN). You can configure the DSN using the built-in Microsoft ODBC Data Source Administrator. This is also the last step of the driver installation. See the "Getting Started" chapter in the Help documentation for a guide to using the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure a DSN.

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

    When you configure the DSN, you may also want to set the Max Rows connection property. This will limit the number of rows returned, which is especially helpful for improving performance when designing reports and visualizations.

  2. Open the DBxtra application and in the New menu click Project and name the Project.
  3. Select ODBC Connection as the Data Connection Type.
  4. Click the browse option () for the Data Source.
  5. In the Data Link Properties window, select Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers on the Provider tab.
  6. On the Connection tab, select the Data Source Name and the initial catalog to use (CData).
  7. Name the Connection and select the appropriate User Groups.
  8. Double-click the Connection from within the Project to connect to the data.

Google Cloud Storage Data に連携するダッシュボードの作成

You are now ready to create a dashboard with Google Cloud Storage data.

  1. Right-click Report Objects under the Project and select New Report Object.
  2. In the new Report Object, click the link to create the Query.
  3. In the Select Data Connection window, select the newly created data connection.
  4. On the Query tab, expand the connection objects and select the Tables, Views, and specific columns you wish to include in your dashboard. You can specify search requirements and even create complex queries which include JOINs and aggregations.
  5. On the Dashboard tab, select the visualizations and features for your dashboard. Assign the data values from the query to the appropriate fields for the Dashboards items (Values, Series, etc.)

With a new Dashboard created, you are ready to begin analysis of Google Cloud Storage data. Thanks to the ODBC Driver for Google Cloud Storage, you can refresh the Dashboard and immediately see any changes made at the source. In the same way, you can create and view Reports with live, up-to-date Google Cloud Storage data.