Dundas BI でGoogle Cloud Storage Data に連携するダッシュボードを構築

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage ODBC Driver

Google Cloud Storage ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからGoogle Cloud Storage にデータ連携。

Google Cloud Storage データにデータベースと同感覚でアクセス。



ダイナミックダッシュボードを作成し、Dandus BI からGoogle Cloud Storage data データを分析

CData ODBC Driver for Google Cloud Storage を使って、ODBC 経由でリアルタイムGoogle Cloud Storage Data にアクセスして、さまざまなBI ツール、レポート作成ツール、およびETL ツールからシームレスに連携。 ここでは、一般的なODBC データプロバイダーとしてGoogle Cloud Storage data に接続し、Dundas BI でGoogle Cloud Storage data データのチャート、レポート、およびダッシュボードを作成する方法について説明します。


※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Google Cloud Storage Data への接続

  1. If you have not already done so, provide values for the required connection properties in the data source name (DSN).You can configure the DSN using the built-in Microsoft ODBC Data Source Administrator.This is also the last step of the driver installation.See the "Getting Started" chapter in the Help documentation for a guide to using the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure a DSN.

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

    When you configure the DSN, you may also want to set the Max Rows connection property.This will limit the number of rows returned, which is especially helpful for improving performance when designing reports and visualizations.

  2. Open the Dundas BI interface, open the menu, and click New Data Connector.
  3. Configure the Dundas BI Data Connector:
    • Name the Data Connector.
    • Select "ODBC generic" as the Data Provider.
    • Check the "Use System DSN" checkbox.
    • Select the appropriate System DSN.

ダッシュボードにGoogle Cloud Storage Data を追加

You are now ready to create a dashboard with Google Cloud Storage data.

  1. Navigate to the Home page.
  2. Click Explore Data.
  3. Expand the appropriate Data Connector.
  4. Drag the relevant data from the Connector to the panel.
    • You can select an entire "table" to add, but you may need to remove Measures/Rows from the Metric Set to build an appropriate visualization.Alternatively, you can select only the fields you wish to include in the visualization.
    • With the fields selected, you can add any filters or conditions on the Measures and Rows, further customizing the visualization.
  5. Click Re-visualize from the menu bar and select the appropriate visualization for the data.
  6. Click Add To New Dashboard to add the visualization to a new dashboard.
  7. Configure the dashboard, creating dynamic visualizations of Google Cloud Storage data.