Linux 上でGoogle Cloud Storage にデータ連携するシンプルなGo アプリケーションを作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage ODBC Driver

Google Cloud Storage ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからGoogle Cloud Storage にデータ連携。

Google Cloud Storage データにデータベースと同感覚でアクセス。



CData ODBC Driver for Google Cloud Storage とunixODBC を使って、Google Cloud Storage に連携するGo アプリケーションを作成。

Go はオープンソースのプログラミング言語でLInux/Unix マシンに簡単にソフトウェアを構築することを可能にします。 Go とODBC Driver for Google Cloud Storage およびunixODBC を組み合わせて使うことで、Google Cloud Storage データにリアルタイム連携するアプリケーションを書くことができます。 本記事では、ODBC Driver for Google Cloud Storage のインストール、unixODBC Driver Manager への設定、そしてGoogle Cloud Storage に連携するGo アプリケーションの作成までを説明します。

Linux マシンで CData ODBC Drivers を使用する

CData ODBC Drivers はUbuntu、Debian、RHEL、CentOS、およびFedora など多くのRed Hat-based およびDebian-based のシステムでサポートされています。 ほかにもいくつかのライブラリやパッケージのインストールが必要ですが、すでにデフォルトでインストールされている場合もあります。詳細はオンラインおよびインストールされるヘルプドキュメントの「はじめに」のセクションを参照してください。

Driver Manager のインストール

ドライバーのインストール前にシステムにDriver Manager が入っているかを確認してください。本記事では無償のオープンソースDriver Manager であるunixODBC を使います

Ubuntu のようなDebian ベースのシステムでは、APT パッケージマネージャからunixODBC をインストールできます:

$ apt-get install unixODBC unixODBC-dev

Red Hat Linux ベースのシステムでは、yum もしくはdnf からunixODBC をインストールできます:

$ yum install unixODBC unixODBC-devel

unixODBC Driver Manager はDriver の情報をodbcinst.ini ファイルから読み、odbc.ini からからデータソースの情報を読みます。 次のコマンドをターミナルに入力して、コンフィギュレーションのロケーションを決めることができます:

$ odbcinst -j

コマンドのアウトプットでODBC データソースのコンフィギュレーションファイルと登録されたODBC Drver のロケーションを表示します。 ユーザーデータソースはodbc.ini ホームフォルダが位置するユーザーアカウントのみからアクセス可能です。システムデータソースはすべてのユーザーからアクセスできます。 このコマンドのアウトプット例は以下です:

DRIVERS............: /etc/odbcinst.ini SYSTEM DATA SOURCES: /etc/odbc.ini FILE DATA SOURCES..: /etc/ODBCDataSources USER DATA SOURCES..: /home/myuser/.odbc.ini SQLULEN Size.......: 8 SQLLEN Size........: 8 SQLSETPOSIROW Size.: 8

ドライバーのインストール

標準パッケージ形式でドライバーをダウンロードできます:Debian .deb package format もしくは、.rpm file format です。 ファイルをダウンロードしたら、ターミナルからドライバーをインストールします。

ドライバーインストーラーはドライバーをunixODBC に登録し、ODBC 接続をサポートするツールやアプリケーションから利用できるシステムDSN を作成します。T

Ubuntu のようなDebian ベースのシステムでは、sudo とともに次のコマンドを実行します: $ dpkg -i /path/to/package.deb

.rpms をサポートするシステムでは、sudo とともに次のコマンドを実行します: $ rpm -i /path/to/package.rpm

ドライバーのインストール後、unixODBC Driver Manager を使って、登録されたドライバーを表示し、データソースを定義することができます:

$ odbcinst -q -d CData ODBC Driver for Google Cloud Storage ...

定義されたData Source の表示

$ odbcinst -q -s CData GoogleCloudStorage Source ...

unixODBC でCData ODBC Driver for Google Cloud Storage を使用するには、ドライバーがUTF-8 を使用するように設定する必要があります。それには、通常はインストールフォルダのlib フォルダ(/opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-googlecloudstorage)に入っているドライバーのINI ファイル(cdata.odbc.googlecloudstorage.ini)を次のように編集する必要があります:

cdata.odbc.googlecloudstorage.ini

... [Driver] DriverManagerEncoding = UTF-16

DSN の変更

ドライバーがインストールされると、システムDSN が事前定義されます。システムDSN はシステムデータソースファイル(/etc/odbc.ini)を編集して必要な接続プロパティを定義します。 ユーザー単位のDSN を作成することも可能で、その際には$HOME/.odbc.ini へのアクセスと変更は必要ではありません。

ユーザーアカウントでの認証

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

サービスアカウントでの認証

サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
  • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
  • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
  • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
  • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
  • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
  • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
  • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

/etc/odbc.ini or $HOME/.odbc.ini

[CData GoogleCloudStorage Source] Driver = CData ODBC Driver for Google Cloud Storage Description = My Description ProjectId = 'project1'

これらのコンフィギュレーションファイルの使い方についての詳細は、インストールされるヘルプドキュメントを参照してください。

Google Cloud Storage データに連携するGo アプリケーションサンプルの作成

Driver Manager のインストール、DSN 設定を終えたら、Google Cloud Storage data に連携するGo アプリケーションを作成します。 まずはODBC データベース向けのGo ドライバーをインストールします。いくつかのオプションがありますが、本記事ではhttps://github.com/alexbrainman/odbc のODBC ドライバーを使います。

Linux へのODBC のインストール

Go のODBC ドライバーをインストールするには、GOPATH 環境変数を定義する必要があります:

export GOPATH=$HOME/golang/go

GOPATH が定義されたら、ODBC ドライバー向けのGo ドライバーをインストールすることが可能です:

$ go get github.com/alexbrainman/odbc

これでGo アプリケーションを作って実行する準備ができました。

Go アプリケーションサンプル

このサンプルアプリケーションはGoogle Cloud Storage data に対してシンプルなSQL SELECT クエリを発行し、結果を表示します。$GOPATH/src/cdata-odbc-googlecloudstorage ディレクトリを作成し、次のソースコードをコピーして新しいGo ファイルを作成します。

cdata-odbc-googlecloudstorage.go

package main import ( _ "github.com/alexbrainman/odbc" "database/sql" "log" "fmt" ) func main() { db, err := sql.Open("odbc", "DSN=CData GoogleCloudStorage Source") if err != nil { log.Fatal(err) } var ( name string ownerid string ) rows, err := db.Query("SELECT Name, OwnerId FROM Buckets WHERE Name = ?", "TestBucket") if err != nil { log.Fatal(err) } defer rows.Close() for rows.Next() { err := rows.Scan(&name, &ownerid) if err != nil { log.Fatal(err) } fmt.Println(name, ownerid) } err = rows.Err() if err != nil { log.Fatal(err) } defer db.Close() }

ターミナルで、Go アプリケーションディレクトリにナビゲートし、アプリケーションをビルドします:

$ go build

アプリケーションのビルド後、アプリケーションを実行し、Google Cloud Storage のデータを表示することができます:

$ ./cdata-odbc-googlecloudstorage

これでGoogle Cloud Storage と連携するシンプルなGo アプリケーションができました。ここに、より複雑なread 機能を使い慣れたSQL 文で足してみてください。