PyCharm でCData ODBC Driver for Google Cloud Storage を使ってみた

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage ODBC Driver

Google Cloud Storage ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからGoogle Cloud Storage にデータ連携。

Google Cloud Storage データにデータベースと同感覚でアクセス。



Google Cloud Storage にODBC データソースとしてPyCharm から連携。

CData ODBC Drivers は、ODBC をサポートするあらゆる環境から利用可能です。 本記事では、PyCharm からのCData ODBC Driver for Google Cloud Storage の利用を説明します。ODBC Deriver をデータソースとして設定する方法、データソースをクエリするPyCharm のベーシックな方法を含みます。

To begin, this tutorial will assume that you have already installed the CData ODBC Driver for Google Cloud Storage as well as PyCharm.

Pyodbc をプロジェクトに追加

Follow the steps below to add the pyodbc module to your project.

  1. Click File -> Settings to open the project settings window.
  2. Click Project Interpreter from the Project: YourProjectName menu.
  3. To add pyodbc, click the + button and enter pyodbc.
  4. Click Install Package to install pyodbc.

Google Cloud Storage への接続

You can now connect with an ODBC connection string or a DSN. See the Getting Started section in the CData driver documentation for a guide to creating a DSN on your OS.

ユーザーアカウントでの認証

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

サービスアカウントでの認証

サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
  • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
  • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
  • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
  • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
  • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
  • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
  • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

Below is the syntax for a DSN:

[CData GoogleCloudStorage Source] Driver = CData ODBC Driver for Google Cloud Storage Description = My Description ProjectId = 'project1'

Google Cloud Storage へのクエリの実行

Instantiate a Cursor and use the execute method of the Cursor class to execute any SQL statement.

import pyodbc cnxn = pyodbc.connect('DRIVER={CData ODBC Driver for GoogleCloudStorage};ProjectId = 'project1';') cursor = cnxn.cursor() cursor.execute("SELECT Name, OwnerId FROM Buckets WHERE Name = 'TestBucket'") rows = cursor.fetchall() for row in rows: print(row.Name, row.OwnerId)

After connecting to Google Cloud Storage in PyCharm using the CData ODBC Driver, you will be able to build Python apps with access to Google Cloud Storage data as if it were a standard database. If you have any questions, comments, or feedback regarding this tutorial, please contact us at support@cdata.com.