Visio Shapes とGoogle Cloud Storage Data を連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage ODBC Driver

Google Cloud Storage ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからGoogle Cloud Storage にデータ連携。

Google Cloud Storage データにデータベースと同感覚でアクセス。



Visio master shapes での変更を自動的にGoogle Cloud Storage data に更新。

Automate the process of entering data into Visio diagrams and keeping your diagrams up to date with the CData ODBC Driver for Google Cloud Storage. The driver surfaces Google Cloud Storage data as an ODBC data source that can be accessed by applications with built-in ODBC support like Microsoft Office. This article shows how to create a simple diagram to start brainstorming about Visio projects linked to Google Cloud Storage data.

Connect to Google Cloud Storage as an ODBC Data Source

If you have not already, first specify connection properties in an ODBC DSN (data source name). This is the last step of the driver installation. You can use the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure ODBC DSNs.

ユーザーアカウントでの認証

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

サービスアカウントでの認証

サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
  • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
  • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
  • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
  • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
  • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
  • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
  • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

Connect Google Cloud Storage Data to Diagrams

Follow the steps below to use the Data Selector Wizard to import data into your diagram.

  1. Open Visio and click File -> New. Open the Brainstorming template.
  2. On the Data tab, click Link Data to Shapes.
  3. Select the ODBC option and select ODBC DSN.
  4. Select the DSN for Google Cloud Storage, select the table you want to import, and finish the wizard. This article uses Buckets as an example.

Link Google Cloud Storage Entities to Shapes

Follow the steps below to create a simple diagram that shows how to create shapes from your data, one of the ways to link Google Cloud Storage entities to shapes:

  1. Click Brainstorming Shapes and drag a main topic onto the drawing page. Enter Buckets as the text of the main topic.
  2. Click Topic.
  3. Select a row in the External Data window and drag it onto the drawing page.
  4. Right-click the Topic shape and click Data -> Edit Data Graphic.
  5. Click New Item.
  6. In the Data Field menu, select a column. In the Displayed As menu, select how to display them.
  7. Drag a few other Google Cloud Storage entities onto the drawing page and add association lines back to the main topic, Buckets. New topics have the same configuration: Numeric columns displayed in data bars stand out in contrast to other Buckets entities.

You can refresh your diagram from the Data tab, synchronizing your shapes with the external Google Cloud Storage data.