リアルタイムGoogle Cloud Storage データをPowerBI.com にパブリッシュ(発行)

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage Power BI Connector

Google Cloud Storage データにPower BI から接続する最適解。ハイパフォーマンスなデータアクセス、リアルタイム連携、拡張メタデータ検出、強力なSQL-92 サポートを提供。



CData Power BI Connectors をPowerBI.com に接続するオンプレミスゲートウェイでリアルタイムデータを組織内で使用可能に。

CData Power BI Connector for Google Cloud Storage は、Power BI のツールおよびウイザードにシームレスに統合します。PowerBI.com へのリアルタイムデータのパブリッシュも可能です。次のステップで、Power BI Gateway を使って、自動リフレッシュ設定で、データをPower BI に公開します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Power BI データソースとしてGoogle Cloud Storage を設定

CData Power BI Connector をインストールすると完了後にDSN 設定画面が開きます。ここでGoogle Cloud Storage への接続を設定します。

接続作業はWindows のODBC データソースアドミニストレータでも設定可能です。CData PowerBI REST DSN を選択します。 Power BI のbit 数(32 bit or 64 bit)に合わせたアドミニストレータを使うように気を付けてください。DSN 設定画面で必要な項目を入力してGoogle Cloud Storage データに接続します。入力後に接続のテストを行い、OK を押して接続を確立します。

ユーザーアカウントでの認証

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

サービスアカウントでの認証

サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
  • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
  • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
  • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
  • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
  • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
  • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
  • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

Google Cloud Storage テーブルをPower BI からクエリ

次の手順でGoogle Cloud Storage からデータをPower BI からクエリできるようにします:

  1. Power BI Desktop を開き、[データ]->[データを取得]->[その他]-> CData GoogleCloudStorage を選択して接続を押します。次にサードパーティドライバーのプロンプトが出る場合には、そのまま続行します。
  2. CData PowerBI Google Cloud Storage を[Data Source Name]欄に入力します。データ接続モードを選択します:
    インポート データをプロジェクトにインポートする。オンデマンドで更新が可能。
    DirectQuery リモートデータに直接アクセスする場合。
  3. ナビゲーターダイアログで使用するテーブルを選択します。
  4. [データの変換]では、データをカスタマイズすることができます。クエリエディタを開いて、フィルタ、ソート、集計を設定できます。

    • カラムのデータ型の変更
    • カラムの削除
    • カラムのグルーピング

    Power BI は、コネクタが取得・検出したGoogle Cloud Storage のカラム毎のデータ型をそのまま使えます。

    Power BI は、データ変換を取得して、指定した条件でクエリを発行し、Google Cloud Storage からデータを取得します。

    [読み込み]をクリックすると、そのままのデータがコネクタ経由でPower BI にロードされます。

データビジュアライゼーションを作成

データをPower BI から取得したら、レポートビューで取得したGoogle Cloud Storage フィールドをドラッグ&ドロップしてビジュアライゼーションを作成します。チャートの種類を可視化ペインから選択し、フィールドのカラムをドラッグして設定します。

チャートの右上をクリックしてソートオプションを変更することもできます。

チャートの部分のハイライトも可能です。

取得したデータのビジュアライズ上でのフィルタリングをフィルタリングペインで行うことができます。

[更新]をクリックするとその時点でのリアルタイムデータをGoogle Cloud Storage から取得してレポートに反映させることができます。

オンプレミスデータゲートウェイでのPowerBI.com へのデータリフレッシュの設定

次の手順でPower BI オンプレミスゲートウェイ を使って、ローカルに設定したDSN のGoogle Cloud Storage データをPower BI のクラウド上から定期的にリフレッシュすることが可能です。

ゲートウェイモードの選択

まずはゲートウェイのモードを選択します。

  • Gateway (個人用モード): Power BI にのみパブリッシュしてリフレッシュする場合はこちらを選択。ゲートウェイはWindows ユーザーアカウントで起動します。
  • Gateway (formerly Enterprise): ほかのAzure サービスでゲートウェイが必要な場合には、こちらを選択します。また、複数のユーザーがゲートウェイにアクセスする場合にもデフォルトゲートウェイが必要です。
    デフォルトゲートウェイでアクセスする場合にはシステムDSN で接続する必要があります。ユーザーDSN だと特定のアカウントのみがアクセスでき、システムDSN のようにシステム全体からアクセスすることができないためです。CData Power BI GoogleCloudStorage system DSN は、コネクタのインストールの最後のステップで設定します。

個人用モードゲートウェイの設定

Personal モードでのゲートウェイでのパブリッシュは、カスタムコネクタにアクセスできるゲートウェイをインストールする必要があります。

  1. CData Power BI Connector インストーラーを実行します。ダウンロードはこちらから 可能です。
  2. on-premises data gateway (personal mode) オプションを選択します。
  3. ゲートウェイにサインインします。
  4. ゲートウェイ名を設定し、Recovery Key を指定します。
  5. コネクタセクションで、カスタムデータコネクタオプションを有効化します。.mez ファイルが置かれたパスをオルタナティブパスとして設定することもできます。
    Note: CData Power BI Connectors は、デフォルトフォルダ(Your User Home\Documents\Power BI Desktop\Custom Connectors)に.mez ファイルをインストールします。

ゲートウェイの設定

ゲートウェイ経由のパブリッシュには、コネクタへのアクセスが可能なゲートウェイのインストールとPowerBI.com からのGoogle Cloud Storage DSN への接続が必要です。

1. ゲートウェイのセットアップ

次の手順でマシン上にゲートウェイを設定します:

  1. CData Power BI Connector インストーラーを起動します。Power BI Gateway のダウンロード も必要です。
  2. on-premises data gateway (recommended) オプションを選択します。
  3. ゲートウェイにサインインします。
  4. ゲートウェイ名を設定し、Recovery Key を指定します。
  5. ゲートウェイがCData Power BI Connector を見に行くフォルダを指定します。この記事では C:\Users\PBIEgwService\Documents\Power BI Desktop\Custom Connectors\ を使います。CData Connector の.mez ファイル(C:\Users\USERNAME\Documents\Power BI Desktop\Custom Connectors\) を指定したフォルダに移します。

    NOTE: 指定されたサービスアカウント(NT SERVICE\PBIEgwService) は、ゲートウェイのアクセスフォルダに指定される必要があります。必要な場合には、ゲートウェイインストーラーのサービス設定で変更ができます。

  6. コネクタセクションで、CData.PowerBI.GoogleCloudStorage が表示されていることを確認します。

2. PowerBI.com からGoogle Cloud Storage データに接続する

  1. ゲートウェイにデータソースを追加: PowerBI.com にログインして、設定メニューから[ゲートウェイの管理]を選択して、ゲートウェイクラスターの設定を実行。
  2. [このゲートウェイクラスターでユーザーのクラウドデータソースを更新することを許可する]オプションをクリック。
  3. 適用を押して設定を保存します。
  4. 続いてCData Power BI Connectorをデータソースとして追加します。
  5. データソース設定セクションで、データソース名を入力し、データソースの種類にはCData Power BI Connector for Google Cloud Storage をドロップダウンから選択します。
  6. Data Source Name には、システムDSN 名を入力します:CData Power BI GoogleCloudStorage。
  7. 設定後[すべての接続をテスト]ボタンをクリックし、[接続成功]が表示されれば、設定完了です。

PowerBI.com へのパブリッシュ

これでGoogle Cloud Storage データソースに連携してデータを更新できるレポートが発行できます。次の手順でデータセットを含むレポートをパブリッシュします。

  1. Power BI Desktop で、[発行]ボタンを押して、レポートをPower BI へパブリッシュします。
  2. PowerBI.com で、発行したワークスペースを選択します。
  3. [データセット]セクションで、設定したGoogle Cloud Storage データセットのオプションメニューをクリックして、[設定]をクリックします。
  4. [ゲートウェイ接続]セクションで、[データゲートウェイを使用する]を有効にします。状態がグリーンであることを確認し、適用を押して保存します。
  5. 個人用モードでのゲートウェイ理世うでは、[データソースクレデンシャル]をクリックして、サインインします。

データセットの更新(リフレッシュ)

これでPower BI サイドからレポートのデータをGoogle Cloud Storage の最新のデータに更新できるようになりました。

  • データの手動更新には、[ワークスペース]-> データセット]に進み、更新ボタンをクリックします。
  • スケジュール更新には、[ワークスペース]->[データセット]に進み、更新のスケジュールをクリックします。データの更新オプションを有効にして、更新頻度を設定します。
  • レポートビューでは、更新を押してレポートを最新のデータに同期できます。