Google Data Catalog データを使ったCrystal Reports を発行

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Data Catalog ADO.NET Provider

Google Data Catalog データに連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



Report Wizard と標準のADO.NET を使用して最新のGoogle Data Catalog データを使用したレポートを作成。

CData ADO.NET Provider for Google Data Catalog は、Crystal Reports for Visual Studio 開発環境に統合されています。標準のADO.NET コンポーネントを使用して、SQL Server と同じようにレポートを作成でき、さらにGoogle Data Catalog とリアルタイムで連携できます。この記事では、開いたときに更新されるレポートにGoogle Data Catalog データを追加するために必要な3つのステップを完了する方法を説明します。

Note:このチュートリアルを実行するには、Crystal Reports とVisual Studio のデベロッパーバージョンをインストールしてください。

Crystal Reports アプリケーションを作成する

この記事を実行するにはVisual Studio Crystal Reports プロジェクトが必要になります。この記事では、WPF アプリケーションにレポートを追加します。「File」->「New Project」とクリックし、Crystal Reports WPF Application テンプレートを選択することで、作成できます。表示されるウィザードで空のレポートを作成するオプションを選択します。

Google Data Catalog に接続する

Server Explorer からGoogle Data Catalog のADO.NET データソースを作成すると、Crystal Reports ウィザードおよびCrystal Reports Designer で使用できるDataSet を簡単に作成できます。Server Explorer でGoogle Data Catalog データを操作するためのガイドは、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

Google Data Catalog uses the OAuth authentication standard. Authorize access to Google APIs on behalf on individual users or on behalf of users in a domain.

Before connecting, specify the following to identify the organization and project you would like to connect to:

  • OrganizationId: The ID associated with the Google Cloud Platform organization resource you would like to connect to. Find this by navigating to the cloud console.

    Click the project selection drop-down, and select your organization from the list. Then, click More -> Settings. The organization ID is displayed on this page.

  • ProjectId: The ID associated with the Google Cloud Platform project resource you would like to connect to.

    Find this by navigating to the cloud console dashboard and selecting your project from the Select from drop-down. The project ID will be present in the Project info card.

When you connect, the OAuth endpoint opens in your default browser. Log in and grant permissions to the application to completes the OAuth process. For more information, refer to the OAuth section in the Help documentation.

接続を構成する際に、Max Rows 接続プロパティも設定できます。これにより返される行数が制限されるため、レポートやビジュアライゼーションをデザインするときのパフォーマンスを向上させることができます。

DataSet を作成する

以下のステップに従ってVisual Studio ADO.NET DataSet Designer を使用し、ADO.NET DataSet オブジェクトを作成します。Crystal Reports はGoogle Data Catalog テーブルのメタデータを含むDataSet オブジェクトにバインドします。またこのアプローチでは、App.config に接続文字列が追加されることに注意してください。後にこの接続文字列を使用してデータをレポートにロードします。

  1. Solution Explorer でプロジェクトを右クリックし、「Add」->「New Item」をクリックします。
  2. DataSet を選択します。DataSet Designer が表示されます。
  3. Server Explorer からDataSet Designer にテーブルをドラッグ & ドロップします。この記事ではSchemas テーブルを使用します。

Google Data Catalog フィールドをレポートに追加する

以下のステップに従って、DataSet からレポートにカラムを追加します。

  1. Solution Explorer で.rpt ファイルをダブルクリックし、Crystal Reports Designer を開きます。
  2. デザイナーを右クリックし、「Database」->「Database Expert」と進みます。
  3. Project Folder とADO.NET DataSets ノードを展開し、作成したDataSet を「Selected Tables」ボックスにドラッグします。これで、Field Explorer からフィールドにアクセスできます。
  4. Field Explorer からレポートの「Details」セクションまたは別のセクションにフィールドをドラッグ & ドロップします。

レポートにデータをロードする

メタデータのみを含むDataSet を作成したら、実際のデータを含むDataTable を作成する必要があります。GoogleDataCatalogDataAdapter を使用して、SQL クエリの結果をDataTable に入力できます。

  1. System.Configuration.dll への参照をプロジェクトに追加して、App.config から接続文字列を使用できるようにします。
  2. App.config で.NET 4.0 を使用する場合にCrystal Reports との互換性を保つため、次のコードを設定ノードに追加します。
    
      <startup useLegacyV2RuntimeActivationPolicy="true">
        <supportedRuntime version="v4.0" sku=".NETFramework,Version=v4.0"/>
      </startup>
    
  3. Window.xaml.cs ファイルに以下の参照を追加します。

    using System.Configuration;
    using CrystalDecisions.CrystalReports.Engine;
    using CrystalDecisions.Shared;
    using System.Data.CData.GoogleDataCatalog;
    using System.Data;
    
  4. 以下のWindow_Loaded メソッドをWindow.xaml.cs に追加し、DataTable を返すSQL クエリを実行します。最低でも、レポートで使用されているカラムと同じカラムは選択する必要があることに注意してください。

    private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e) {
      ReportDocument report = new ReportDocument();
      report.Load("../../CrystalReport1.rpt"); 
     var connectionString = ConfigurationManager.ConnectionStrings["MyAppConfigConnectionStringName"].ConnectionString;
      using (GoogleDataCatalogConnection connection = new GoogleDataCatalogConnection(connectionString)) {
        GoogleDataCatalogDataAdapter dataAdapter = new GoogleDataCatalogDataAdapter(
        "SELECT Type, DatasetName FROM Schemas WHERE ProjectId = 'bigquery-public-data'", connection);
         DataSet set = new DataSet("_set");
         DataTable table = set.Tables.Add("_table");
         dataAdapter.Fill(table);
         report.SetDataSource(table);
      }
      reportViewer.ViewerCore.ReportSource = report;
    }
    
  5. Window.xaml ファイルでLoaded イベントを追加し、Window タグを以下のようにします。

    
    <Window x:Class="CrystalReportWpfApplication4.Window1"
            xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
            xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
            xmlns:cr="clr-namespace:SAPBusinessObjects.WPF.Viewer;assembly=SAPBusinessObjects.WPF.Viewer"
            Title="WPF Crystal Report Viewer" Height="600" Width="800" Loaded="Window_Loaded">
            ...
    </Window>
    
  6. レポートを実行します。レポートが読み込まれると、プロバイダはクエリを実行して現在のデータを取得します。

Google Data Catalog データのチャートを作成する

Chart Expert などのエキスパートとともにDataSet を使用することもできます。

  1. Crystal Reports Designer を右クリックして「Insert」->「Chart」とクリックします。
  2. 「Report Header」または「Report Footer」セクションを選択します。Chart Expert が表示されます。
  3. 「Type」タブでチャートタイプを選択します。この記事では、サイドバイサイドの棒グラフを使用します。
  4. 「Data」タブでx 軸のカラムと条件を選択します。例えば、DataSet ノードのType カラムを「On Change Of」メニューの下のボックスにドラッグします。
  5. x 軸のカラムを選択し、「TopN」ボタンと「Order」ボタンをクリックして並べ替えと制限を構成します。
  6. y 軸のカラムとサマリー操作を選択します。例えば、DataSet ノードのDatasetName カラムを「Show Values」ボックスにドラッグします。
  7. レポートを実行します。

Crystal Reports は、Google Data Catalog API などに対してGROUP BY を実行する代わりに、DataTable にロード済みのデータに対して集計を実行することに注意してください。これは、レポート作成ウィザードにも当てはまります。

別のDataSet を作成し、他のクエリを入力することで、Google Data Catalog に対して実行されるクエリをより細かく制御できます。ドライバのSQL エンジンの詳細については、ヘルプドキュメントを参照してください。