製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

CData BizTalk Adapter for Google Drive の要請応答送信ポートを構成

アダプタ for Google Drive を要請応答送信ポートと共に使用して、BizTalk でアップデートグラムとデータ操作 SQL を実行します。

ここでは、CData BizTalk Adapter for Google Drive を使用し、静的な要請応答送信ポートを作成、構成、テストする手順を説明します。静的な要請応答送信ポートを使用してコマンドを実行し、BizTalk の結果にアクセスすることができます。送信ポートを使用することで、アップデートグラムコマンド、SQL コマンド、ストアドプロシージャ操作を実行できます。

送信ポートを作成し構成する

静的な要請応答送信ポートを作成し、アダプタをトランスポートタイプとして使用するように構成します。

  1. 未実行の場合、BizTalk 管理コンソールで BizTalk アプリケーションを開きます。
  2. BizTalk アプリのノードで、[Send Ports]を右クリックし、[New]->[Static Solicit-Response Send Port]を選択すると、送信ポートプロパティのダイアログが表示されます。
  3. 送信ポートのプロパティで、受信ポートの名前を入力します。
  4. [Transport Type]メニューで、CData.GoogleDrive を選択します。
  5. [Send Pipeline]メニューで、デフォルトオプションの[PassThruTransmit]を選択します。
  6. [Receive Pipeline]メニューで、デフォルトオプションの[PassThruReceive]を選択します。

アダプタを構成する

[Transport Properties]ダイアログで、アダプタが実行するコマンドを定義します。

  1. 送信ポートのプロパティで、[Configure]ボタンをクリックします。アダプタのトランスポートプロパティダイアログが表示されます。
  2. [CommandType]プロパティで、実行したいコマンドタイプを選択します。
  3. SQL コマンドを実行したい場合は、[SQL Command]のボックスにコマンドを入力してください。
プロパティとその機能についての説明は、ヘルプドキュメントの[Adapter Configuration]を参照してください。

Google Drive への接続を構成する

[Connection String Options]ダイアログで、Google Drive への接続に必要な資格情報とその他のプロパティを設定します。

  1. 送信ポートのプロパティで、[Configure]をクリックします。アダプタのプロパティダイアログが表示されます。
  2. [Connection String]プロパティのボタンをクリックします。[Connection String Options]ダイアログが表示されます。
  3. 接続プロパティを入力します。下は一般的な接続文字列です。

    Google Drive はOAuth 認証標準を利用しています。各ユーザーやドメイン内のユーザーの代わりに、本製品がGoogle API にアクセスすることを許可できます。 接続すると、本製品はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えます。本製品がOAuth プロセスを完了します。

    詳細はヘルプドキュメントを参照してください。

  4. [Test Connection]をクリックして値を確認し、接続を確認します。
プロパティとその機能の説明については、ヘルプドキュメントの[Connection String Options]チャプターを参照してください。
アダプタfor Google Drive のアップデートグラムチュートリアル]では、要請応答送信ポートを使用して、Google Drive にアップデートグラムを挿入するシンプルなアプリケーションを作成する手順を説明します。
 
 
ダウンロード