今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Apache Hive を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

RazorSQL からHive データに連携。

データベース管理ツールのRazorSQL からGUI でウィザードとクエリからHive データに連携する。.

CData JDBC Driver for Hive を使って、各種ツールからHive データにアクセスすることが可能になります。本記事では、Hive データにRazorSQL のウィザードから連携利用する方法を紹介します。

Hive JDBC Data Source の設定

  1. RazorSQL アプリケーションを開いて、Connections メニューから、Add Connection Profile -> Other -> JDBC にナビゲートします。
  2. Connection Wizard で、以下を設定します:
    • Driver Location:JDBC Driver のインストールディレクトリのlib サブフォルダに設定します。
    • Driver Class: ドライバークラスを cdata.jdbc.apachehive.ApacheHiveDriver に設定します。
    • Username:ユーザー名。(ユーザー名をブランクにして、JDBC URL 内で設定することも可能です。)
    • Password:パスワード。(ユーザー名をブランクにして、JDBC URL 内で設定することも可能です。)
    • JDBC URL:接続パラメータを入力します:jdbc:apachehive: から始まるJDBC URL を入力します。接続プロパティをカンマ区切りで書きます。

      Apache Hive への接続を確立するには以下を指定します。

      • Server:HiveServer2 をホストするサーバーのホスト名またはIP アドレスに設定。
      • Port:HiveServer2 インスタンスへの接続用のポートに設定。
      • TransportMode:Hive サーバーとの通信に使用するトランスポートモード。有効な入力値は、BINARY およびHTTP です。デフォルトではBINARY が選択されます。
      • AuthScheme:使用される認証スキーム。有効な入力値はPLAIN、LDAP、NOSASL、およびKERBEROS です。デフォルトではPLAIN が選択されます。
      • 本製品においてTLS/SSL を有効化するには、UseSSL をTrue に設定します

      一般的なURL ::

      jdbc:apachehive:Server=127.0.0.1;Port=10000;TransportMode=BINARY;
  3. Apache Hive への接続を確立するには以下を指定します。

    • Server:HiveServer2 をホストするサーバーのホスト名またはIP アドレスに設定。
    • Port:HiveServer2 インスタンスへの接続用のポートに設定。
    • TransportMode:Hive サーバーとの通信に使用するトランスポートモード。有効な入力値は、BINARY およびHTTP です。デフォルトではBINARY が選択されます。
    • AuthScheme:使用される認証スキーム。有効な入力値はPLAIN、LDAP、NOSASL、およびKERBEROS です。デフォルトではPLAIN が選択されます。
    • 本製品においてTLS/SSL を有効化するには、UseSSL をTrue に設定します

Hive からテーブルを選択してクエリを実行

接続を確立後、Wizard が閉じ、接続はコネクションパネルで接続が利用可能になります。テーブルをクエリしてみます。

 
 
ダウンロード