DBArtisan でJira Service Desk データに連携

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Jira Service Desk ODBC Driver

Jira Service Desk ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからJira Service Desk にデータ連携。

Jira Service Desk データにデータベースと同感覚でアクセスして、Jira Service Desk データに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

DBArtisan のウィザードを使って、Jira Service Desk をデータソースとして連携利用。



DB Artisan からJira Service Desk データに連携

ODBC

DB Artisan

CData ODBC Driver for Jira Service Desk は、DBArtisan などのデータベースツールとJira Service Desk data を連携し、RDB のような感覚でJira Service Desk データを扱えます。 本記事では、DBArtisan 上でJira Service Desk データソースを作成する方法とクエリの実行方法を説明します。

DBArtisan Project にJira Service Desk Data を連携する

ODBC Driver をインストールして、ODBC DSN 設定を行います。インストール後にDSN 設定画面が開くので、Jira Service Desk への接続に必要なプロパティを設定します。

You can establish a connection to any Jira Service Desk Cloud account or Server instance.

Connecting with a Cloud Account

To connect to a Cloud account, you'll first need to retrieve an APIToken. To generate one, log in to your Atlassian account and navigate to API tokens > Create API token. The generated token will be displayed.

Supply the following to connect to data:

  • User: Set this to the username of the authenticating user.
  • APIToken: Set this to the API token found previously.

Connecting with a Service Account

To authenticate with a service account, you will need to supply the following connection properties:

  • User: Set this to the username of the authenticating user.
  • Password: Set this to the password of the authenticating user.
  • URL: Set this to the URL associated with your JIRA Service Desk endpoint. For example, https://yoursitename.atlassian.net.

Note: Password has been deprecated for connecting to a Cloud Account and is now used only to connect to a Server Instance.

Accessing Custom Fields

By default, the connector only surfaces system fields. To access the custom fields for Issues, set IncludeCustomFields.

次の方法で、プロジェクトにJira Service Desk データソースを登録します。

  1. DBArtisan で「Data Source」->「Register Datasource」と進みます。
  2. 「Generic ODBC」を選択。
  3. データソース名を入力して、DSN を選択します。Enter a name for the data source and select the DSN.
  4. ウィザードを終了してJira Service Desk への接続を完了します。Jira Service Desk のエンティティが Datasource Explorer に表示されているはずです。

これで、他のデータベースと同じようにJira Service Desk データを扱うことが可能になります。 サポートされるSQL クエリは、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。