今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for Jira Service Desk を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Jira Service Desk データをFileMaker Pro にインポート

Jira Service Desk をFilemaker Pro に統合するレポートを作成。



CData ODBC driver の特長の一つに、多くのアプリケーションに渡るユビキタスサポートがあります。この記事では、FileMaker Pro でODBC ドライバーを設定してJira Service Desk を使ってデータビジュアライゼーションを作成します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

FileMaker Pro でJira Service Desk データをクエリ

接続プロパティが未設定の場合は、まずODBC DSN(データソース名)で設定します。これはドライバーのインストールの最後の手順です。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

  • ApiKey
  • User

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

You can establish a connection to any Jira Service Desk Cloud account or Server instance.

Connecting with a Cloud Account

To connect to a Cloud account, you'll first need to retrieve an APIToken. To generate one, log in to your Atlassian account and navigate to API tokens > Create API token. The generated token will be displayed.

Supply the following to connect to data:

  • User: Set this to the username of the authenticating user.
  • APIToken: Set this to the API token found previously.

Connecting with a Service Account

To authenticate with a service account, you will need to supply the following connection properties:

  • User: Set this to the username of the authenticating user.
  • Password: Set this to the password of the authenticating user.
  • URL: Set this to the URL associated with your JIRA Service Desk endpoint. For example, https://yoursitename.atlassian.net.

Note: Password has been deprecated for connecting to a Cloud Account and is now used only to connect to a Server Instance.

Accessing Custom Fields

By default, the connector only surfaces system fields. To access the custom fields for Issues, set IncludeCustomFields.

これで、Filemaker Pro のテーブルにJira Service Desk をロードできます。

  1. 新しいデータベースで[File]→[Import Records]→[Data Source]をクリックし、CData Jira Service Desk DSN を選択します。
  2. [SQL Query Builder]ウィザードが表示されたら、テーブルと列を選択して[Insert into SQL Query]をクリックします。このクエリは直接編集できます。テーブルからすべての行を選択するには、次のクエリを使います。

    SELECT * FROM Requests

    UI を使いWHERE タブをクリックすることで、WHERE 句にフィルタをビルドできます。

  3. [Import Field Mapping]ウィザードが表示されたら、データソースの列からデスティネーションテーブルの列にマッピングを定義できます。クエリ結果に新しいテーブルを作成するには、[Target]ボックスから[New Table ("CData JiraServiceDesk Source")]を選択し[Import]をクリックします。

ドライバーがサポートするSQL の詳細は、ヘルプドキュメントを参照してください。

デザイン時のデータ処理

テーブルをブラウズしながら、summary 関数の計算のみならずデータのソートや集計ができます。デザイン時にデータのビューを操作するには、まず以下2つの手順を行います。

  1. ブラウズモードに切り替える:アプリケーションのフッターにある[Mode]ポップアップメニューをクリックします。
  2. テーブルビューに切り替える:アプリケーションのメインツールバーにある[View As]メニューのテーブルアイコンをクリックします。

アグリゲートとサマライズ

下記の手順に従って、下図のように列の値をグループ化してサマリーを表示します。

  1. Sort:RequestId 列を右クリックして[Sort Ascending]をクリックします。
  2. Group:RequestId 列を右クリックし、[Add Trailing Group by RequestId ]をクリックして値をグループ化し、その後にsummary 計算が挿入される行を作成します。[Add Leading Group]をクリックしてグループにサマリーを加えます。
  3. Summarize:グループ化された列を右クリックして[Trailing Subtotals]メニューからサマリーを選択します。

下図は、グループ内の行数およびランニングカウントを表します。

レポートにチャートを追加

下記の手順に従って、各RequestId の全ReporterName を示す簡単な棒グラフを作成します。

  1. ReporterName を右クリックし[Chart by ReporterName]をクリックします。[Table]ビューで列をグループ化済みの場合、例えばRequestId は、RequestId でReporterName をチャートするオプションを選択できます。
  2. [Chart Setup]ウィンドウでチャートを描画する列を選択:x 軸に列を追加するには、[Data]ボックスの隣のボタンをクリックします。

x 軸とy 軸を選択するとチャートが描かれます。[Chart Setup]でもデータの処理が可能です。次のオプションを設定すると下図のチャートを作成できます。

  1. y 軸の合計を計算:[Data]ボックスとなりのy 軸のボタンをクリックして[Specify Calculation]を選択します。それからSUM 関数と、例えばcolumn、Shipcountry を選択します。
  2. [Summary]メニューでy 軸のサマリーを選択します。
  3. [Axis Options]セクションでチャートをカスタマイズ:'Show data points on chart' オプションを有効にするか、ラベルの角度を指定します。
 
 
ダウンロード