MicroStrategy Desktop でのCData JDBC Driver for JSON の使用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

JSON JDBC Driver

JSON Web サービス連携のパワフルなJava アプリケーションを素早く作成して配布。



CData JDBC Driver for JSON を使用してMicroStrategy Desktop のJSON に接続します。

MicroStrategy は、データ主導のイノベーションを可能にする、モビリティプラットフォームです。MicroStrategy をCData JDBC Driver for JSON とペアリングすると、MicroStrategy からライブJSON へのデータベースのようなアクセスが得られ、レポート機能と分析機能が拡張されます。この記事では、MicroStrategy Desktop にデータソースとしてJSON を追加し、JSON の簡単なヴィジュアライゼーションを作成する方法について説明します。

CData JDBC ドライバーは、ドライバーに組み込まれた最適化されたデータ処理により、MicroStrategy でライブJSON と対話するための比類のないパフォーマンスを提供します。MicroStrategy からJSON に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作をJSON に直接プッシュし、組み込みSQL エンジンを利用して、サポートされていない操作(一般的にはSQL 関数とJOIN 操作) をクライアント側で処理します。組み込みの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブのMicroStrategy データタイプを使用してJSON を視覚化および分析できます。

MicroStrategy Desktop を使用してJSON データに接続および視覚化する

MicroStrategy エンタープライズ製品のJSON に接続するだけでなく、MicroStrategy Desktop のJSON に接続することもできます。以下のステップに従って、JDBC を使用してJSON をデータセットとして追加し、JSON の視覚化とレポートを作成します。

  1. MicroStrategy Desktop を開き、新しいドシエを作成します。
  2. データセットパネルで[New Data]をクリックし、[Databases]を選択して[Import Option]として[Select a Table]を選択します。
  3. 新しいデータソースを追加し、DSN レスデータソースオプションを選択します。
  4. [Database]メニューで[Generic]を、[Version]メニューで[Generic DBMS]を選択します。
  5. リンクをクリックして接続文字列を表示し、接続文字列を選択して編集します。[Driver]メニューで[MicroStrategy Cassandra ODBC Driver]を選択します。(MicroStrategy では、JDBC を介してインターフェースするために認定ドライバーが必要です。実際のドライバーは使用されません。)
  6. 接続文字列を以下のように設定し、[OK]をクリックします。
    • JDBC キーワードを接続文字列に追加します。
    • MSTR_JDBC_JAR_FOLDER をJDBC ドライバーJAR ファイルのパスに設定します。(C:\Program Files\CData JDBC Driver for JSON\lib\ on Windows.)
    • DRIVER をドライバークラスであるcdata.jdbc.json.JSONDriver に設定します。
    • URL をJSON のJDBC URL に設定し、必要な接続プロパティを設定します。

      データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

      URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

      DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

      • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
      • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
      • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

      リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

      Amazon S3 内のJSON への接続

      URI をバケット内のJSON ドキュメントに設定します。さらに、次のプロパティを設定して認証します。

      • AWSAccessKey:AWS アクセスキー(username)に設定。
      • AWSSecretKey:AWS シークレットキーに設定。

      Box 内のJSON への接続

      URI をJSON ファイルへのパスに設定します。Box へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Box への接続 を参照してください。

      Dropbox 内のJSON への接続

      URI をJSON ファイルへのパスに設定します。Dropbox へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Dropbox への接続 を参照してください。ユーザーアカウントまたはサービスアカウントで認証できます。ユーザーアカウントフローでは、以下の接続文字列で示すように、ユーザー資格情報の接続プロパティを設定する必要はありません。 URI=dropbox://folder1/file.json; InitiateOAuth=GETANDREFRESH; OAuthClientId=oauthclientid1; OAuthClientSecret=oauthcliensecret1; CallbackUrl=http://localhost:12345;

      SharePoint Online SOAP 内のJSON への接続

      URI をJSON ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。認証するには、User、Password、およびStorageBaseURL を設定します。

      SharePoint Online REST 内のJSON への接続

      URI をJSON ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。StorageBaseURL は任意です。指定しない場合、ドライバーはルートドライブで動作します。 認証するには、OAuth 認証標準を使用します。

      FTP 内のJSON への接続

      URI をJSON ファイルへのパスが付いたサーバーのアドレスに設定します。認証するには、User およびPassword を設定します。

      Google Drive 内のJSON への接続

      デスクトップアプリケーションからのGoogle への認証には、InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定して、接続してください。詳細はドキュメントの「Google Drive への接続」を参照してください。

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、JSON JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.json.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      JDBC URL を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

    以下は一般的な接続文字列です。

    JDBC;MSTR_JDBC_JAR_FOLDER=PATH\TO\JAR\;DRIVER=cdata.jdbc.json.JSONDriver;URL={jdbc:json:URI=C:/people.json;DataModel=Relational;};
  7. 新しいデータソースを右クリックし、[Edit catalog]オプションを選択します。
  8. SQL ステートメントをSELECT * FROM SYS_SCHEMAS に編集し、JDBC ドライバーからメタデータを読み取ります。
  9. 新しいデータソースを選択し、使用可能なテーブルを表示します。テーブルを表示するには、[Available Tables]セクションの検索アイコンを手動でクリックする必要がある場合があります。
  10. テーブルをペインにドラッグしてインポートします。 Noteライブ接続を作成するため、テーブル全体をインポートしてMicroStrategy 製品に固有のフィルタリングおよび集計機能を利用できます。
  11. [Finish]をクリックし、ライブに接続するオプションを選択します。CData JDBC Drivers のネイティブな高性能データ処理のおかげで、効果的なライブ接続が可能です。
  12. ビジュアライゼーションと表示するフィールドを選択し、フィルタを適用してJSON の新しいビジュアライゼーションを作成します。データタイプは、動的メタデータ検出によって自動的に検出されます。可能な場合、フィルタと集計によって生成された複雑なクエリはJSON にプッシュダウンされ、サポートされていない(SQL 関数とJOIN 操作を含み得る) 操作は、ドライバーに埋め込まれているCData SQL エンジンによってクライアント側で管理されます。
  13. ドシエの構成が完了したら、[File]->[Save]をクリックします。

MicroStrategy Desktop のCData JDBC Driver for JSON を使用すると、JSON で安定したビジュアライゼーションとレポートを簡単に作成できます。その他の例については、MicroStrategy Developer のJSON に接続MicroStrategy Web のJSON に接続 などの記事をお読みください。